スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少年は残酷な弓を射る
評判が良さそうなので鑑賞してみましたが、
思った程、心にズシンとは響いてこなかったなあ・・・(^^;
でも、ざわつき感はハンパない!

少年は残酷な弓を射る
WE NEED TO TALK ABOUT KEVIN

監督:リン・ラムジー
製作:2011年 イギリス
出演:*ティルダ・スウィントン  *ジョン・C・ライリー *エズラ・ミラー
*ジャスパー・ニューウェル *ロック・ドゥアー

母さん、僕が怖い?

母親に執拗な悪意を向ける息子と、
そんな彼に戸惑い葛藤する母。
現在と過去を交錯させながら描いた心理サスペンス。

世界各地を旅行し、自由に生きてきた作家エヴァ(ティルダ・スウィントン)は、
突然の妊娠を手離しで喜べず、いかにも憂鬱そうです。
そんな母の気持ちが赤ちゃんにも伝わったのか、
生まれてからずっと母親には懐かず泣き叫ぶ・・・
幼少期・青年期になっても同じで、
悪意を剥き出しにして母を困らせる。
このように生まれながらの悪魔か?と思える描写は、
息子ケヴィンとの日々を断片的に思い返しているエヴァの回想なので、
真実かどうかは分からないんですよね。


ネタバレあります ↓

とにかく現在のエヴァは疲れ果てやつれて、荒んだ生活をしています。
きっと息子が何かやらかした結果なんだろうなと見当はつくんですが、
明らかになるのは少しずつ少しずつ・・・
まさか、本当に弓を射ったとは思わなかった(°□°;)

私の育て方が悪かったのか?と、エヴァは過去を回想する。
ケヴィンを育てるのは常に戦いで苦痛だった・・・
そういう心理を誇張して、ケヴィンを邪悪が支配するかのような、
サスペンス・タッチに仕上げています。

現在の黙々と赤いペンキを拭き取る彼女は、
自分を責めて、自分を罰しているかのような姿です。
罪を犯した子の親は、自分も罪を償う気持ちでしょうね。
それでも、面会時には子と目も合わせず言葉も交わさず・・・

とうとうラストの面会で、「なぜ?」と尋ねる母に、
ケヴィンは「分かっているつもりだった。でも今は違う」と
少し弱々しい表情で答えます。
ここで私は、『ああ、この子はやっぱり悪魔なんかじゃなく、
母の愛を渇望していた息子だったんだなあ』
って思えました。
エヴァも思わず息子を強く抱きしめます。
初めて息子を丸ごと受け入れ本当の母親になり、
ケヴィンも初めて母に本音を言えた。
20年かかってやっと向き合い、
本物の親子の1歩を踏み出したんだね!


誰にとっても初めての子育ては上手くいかない事ばかり。
エヴァは特に苦手意識があったのか、我が子に対して
笑顔も見せず抱きしめる事もしなかったのよね。
不安そうな表情で、厄介な相手として怖々と接しています。
ケヴィンは敏感で、そんな母の気持ちを感じ取っていただけなのでは?
それと、似た者同士は反発し合うという事もあったんでしょう。
父親は明るくて家庭的な良い人のようだけど、
ケヴィンやエヴァの事をきちんと見ていなかったね~

2人の心の闇を理解してなかったよね。
犯罪者になるっていうのは極端な例だけど、
親子が全て理解し合えているかどうか分からないのは、
けっこう一般的に共通するものがある気がします


これ、母と娘だったら、もっと醜い話になっていたかも。
イケメンに育った息子なので、映画として見られるような。
でも、どの時期のケヴィンも私の好みではなかったな(^^;
それだけ憎たらしく演じていたせいでしょうね。

音楽の入れ方がアンバランスで、
赤を中心とした色使いも不気味。
食べ物の見せ方も気持ち悪くて、
不快感や居心地の悪さが印象として強く残りました。
そのざわつき感は作り手の狙いでしょうから、
演出として上手くいったという事かもしれませんね。


テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

こんばんは
心情的な意味としての「残酷な弓を射る」だと思っていたから、
私もまさか本当に射った事件を起こすとは思いませんでした^;
母子の心情的な意味での、
チクチクと痛みを受けるような悪意があるのかと思っていたので、
それにはまずびっくりしましたね。
何か事件を起こした、弓を練習している、まさか…とは思いましたけれど。
ティルダさんがまた非常に繊細に子供に接する演技を見せていて、素晴らしかったです。
ケヴィンはやっぱり、母親の愛が欲しかったんだねとは私も思いました。
唯一、病気の時だけ母を独占した時も、幸せを感じたんじゃないかなと、思います。
子役の子たちも美少年で可愛かったですね~目つきは不穏でしたけど^;

何かのCMで子供を抱きしめる事は大切だみたいなのがあったと思うのですが、ほんとそうだなって思いました
この作品は、実際に子育てしたことがある、これから子育て予定のある人がみると恐怖が増しそうですね
ツタヤのミニシアランキングで1位になってたよ!借りようかと思ったけど…準新になるまで待ちます(^_^;)期待ほどではなかったようですね~ぇ
息子役が美青年と話題になってたけど私も好みではないカナ
反抗期の息子を育てるのは大変なのでしょうね
久しぶりにツタヤへ行ったらトータル・リコールとアメージング・スパイダーマンのレンタルはツタヤだけなんだって(◎o◎)大作の独占はズルいな~ぁ
makiさんへ
こんにちは!
そうそう、私もこのタイトルは比喩的なものだと思ってたの。
原題は意味深いけど、それでも邦題のほうが
より観てみたいと思えるから良かったですよね。

このティルダ・スウィントンは憔悴しきった役に入り込んでましたね~
子役たちも上手かったけど、可愛いって思えなかったなあ(^▽^;)
母の愛が欲しいのに、母が自分を厄介に思っているのが分かって、
あんな態度を取ってたんでしょうね。
それだったら、病気の時の関係をその後も続ければ良かったのにね。(^^;

何も言わなくても子供を抱きしめるだけで子供は安心するんですよね。
って、私自身、それを上手くやってこれたかどうか自信ないんだけど。
思うように子育て出来てないんで、余計にザワザワした心境になりましたよ。

森子さんへ
こんにちは!
本作がランキング1位なの?
まあ評判良いみたいで、それで興味を持ったんだけど、
期待が大き過ぎたのか、特別凄くはないような・・・?って思えて。
それに青年もそんなにイケメンと思わなかったの(^^;
顔立ちには好みがあるからね~でも面白い事は面白いですよ!

ツヤタの限定レンタルはひどいよね~(- -;)
近所にないから、ディスカスに再入会しないと観られない・・・(+_+)

こんばんは~♪
やっと観たわ~。
思ったよりは、私もズシンはなかったなぁ。居心地の悪さはありますねぇ。
ほんで、皆さんが書かれてるように、私も射抜かれる痛みのほうかと思ったんですが、コロンバイン高校銃乱射事件的に向くとは思いもよりませんでした。
どうも私には、母の愛の渇望だけですまないものがあるように思えました。私なら、しょっちゅう病気になることを選ぶかな。しかし、憎々しいお子でした。
望まない子供であったゆえの母の責任の重さなのか贖罪なのか、逃げないエヴァは痛々しい。私なら、とうに逃げてます。父親は、エスターもそうでしたが、能なしねぇ(笑)
視点が、エヴァのみなのでよくわからない部分もありますが、よくできていたと思います。
エズラくんは、私も好みじゃないわぁ~。ティルダさんの憔悴っぷりは、上手いですねぇ。
ちゃぴちゃぴさんへ
こんにちは!
フフ、同じような感じ方だったみたい~(^▽^)
ズシンは無くても居心地悪いのと、エズラ君は好みじゃないという所(^^;

ちゃぴちゃぴさんの言うように、母の愛の渇望だけという
単純なものじゃないかもしれないね~
その辺りは、この映画だけでは分かりにくかったです。
悪魔が取り憑いたダミアンや性根の悪いエスターみたいに見せておいて、
実は普遍的な親子の感情を描いたものでした・・・
って構造にしたかったのかなとは思うのよね。

それにしても本当に憎々しい子供でしたね~
父親だと『誰の子だ』って逃げる事も出来るけど(≧ε≦)
母親は自分が産んだんだから間違いなく自分の子供で、
やっぱり放っておけないし責任を感じるものよね・・・
葛藤し憔悴する母の姿は胸が痛くなるものがありましたね。

YANさん、こんにちは!
こちらは凄い強風です。
桜が開花したそうですが、花粉の乗っかった強風で、キツイわ~

ところで、この映画。
あの危険要素を含んだ息子に、本式の弓を買ってやるのは、ダメっしょ~?!
でも、私もタイトル通り、まさかアレであんなことをするとは・・・びっくりでした。
ようワカラン母子だったなあ・・・・
私なら、ラストであんな風になれないかも・・・
我が子ながら、大事な旦那と娘をああいう風にしちゃったわけで・・・

latifaさんへ
こんにちは!
こちらも嵐のような強風になってます。
暖かくなると花粉が飛ぶし、良し悪しよね~(^^;

弓を買い与えたのは父親でしょう?
本質を見抜けてなくて、それでやられちゃうとは情けないよね。

ラストのように抱き合うのは、ちょっと出来ないかもね・・
ただ、こういう事件を起こしたのは自分のせいだと
責任を感じてた母親だったから、見捨てずにいたのかな~?
特に息子だと放っておけないものでね、母親って(^^;

こんばんは。
YANさんの最後の3行。
そうなんですよねー。
映画としては優れた作品なのかなと思いますが、後味の悪さが
何とも言えず・・・。

レビューを読んでいて、ふと思ったのですが父親もダメダメでしたね!!
さすがにあの状況になるまで気付かないって・・・。
しょうがないのかなと思って観つつも、それはさすがにナシでしょう!!

思い出すともやもやが止まりません(苦笑)
ゆず豆さんへ
こんにちは!
映画としては演出によって居心地の悪さが出せて、
狙い通り上手くいったという感じでしょうね。

あの父親は家族の事が全然分かってなくてダメダメでしたよっ!
表面しか見えてない。一緒に暮らしていてそんなバカな!

酷い事件になっちゃって犠牲者が出たのは悲劇だけど、
母と息子にとってはハッピーエンドかもしれませんね・・・
って言ったらゆず豆さんはますますモヤモヤかな・・・(^^;

ざわざわ
YANさん、おはようございます♪

ざわつく、本当、そのとおり。ザワザワざわざわ、きましたねぇ。
母親の回想だから本当のとこらは分からないってとこ、なるほど!っと思いました。
わたしはエヴァが泣きやまない赤ちゃんを連れて工事現場へ行き、騒音で赤ちゃんの泣き声が聞こえなくなると安堵の表情を浮かべるのを見て、ノイローゼなのねって思っていましたが。さらに重く精神を病んでいたのかもってしっくりきました。

それにしても、YANさん、どの年代のケヴィンも好みじゃなかっただなんて。そうわたしはどの子もタイプでした。(≧∇≦)
というか、『ウォールフラワー』でエズラ・ミラーに惚れてこの映画借りたくらいなので。そして、やっぱり美しく、巧いなぁ、と。
ihuruさんへ
こんにちは!返事が遅くなってごめんなさいね。
ザワザワ・・・いや~な胸騒ぎがずっとありましたよね。
不安定で『なんなのこれ』って思いながらずっと観てました。

確かにエヴァはノイローゼになってましたね。
あんな子供じゃあ精神を病んでもおかしくないです。
たいていの母親は上手くいかない子育てに
ノイローゼの1歩手前にはなりますよね。
ihuruさんはどうかしら?(^_^)

エズラ君、この映画ではイケメン設定だったので
『そんなにカッコいいかな~?』ってひねくれて見ちゃったんだけど、
「ウォールフラワー」では魅力ある!って思いましたよ。(^^;
幅広く演じられる良い俳優さんに成長しそうで有望株ですよね!

タイトルの「残酷な弓を射る」という表現がいいですね(でも直接的表現だとは思わなかった)。母親への異常な悪意と執着心を持つ息子と、彼に戸惑う母親の関係を綴ったサスペンス作...
映画の題材として「母と息子」というのはよく取り上げられ、色々観てるわけです。この映画、母と息子の異常な感じがしてるやつでして…。実際に、息子を持つ母親でもある私は、ど ...
2011年制作 米 監督:リン・ラムジー ≪キャッチコピー≫ 『母さん、僕が怖い?』 ≪ストーリー≫ 自由を重んじ、それを満喫しながら生きてきた作家のエヴァ(ティルダ・スウィントン)は、妊娠を機にそのキャリアを投げ打たざるを得なくなる。それゆえに生まれてきた息子ケヴィン(エズラ・ミラー)との間にはどこか溝のようなものができてしまい、彼自身もエヴァに決して心を開こうと...
ひとりごと
  
■仕事、通院、年末年始の準備、いろいろ忙しいです。12/04
■「Prime Music」―Amazonのプライム会員でいた事が良かったと思えた。100万曲以上が聴き放題!ピンポイントで自分が聴きたい曲がなかったりするけど、聴き流しにはいい。11/20 
■やっば~い!喪中ハガキ印刷のためにPCを開いたら、久しぶり過ぎてメールが山ほど溜まっていた。ほとんど宣伝メールだけどね。11/05  
■友人とランチに行った。混んでいて仕方なく座敷で正座して食べたけど、足とお尻が痛くなって焦った。前より悪化しているような。今週お坊さんが来るけど正座出来ないと困るな。10/26 
■娘がミスチルのZEPPでのLIVEに当選した!凄い倍率だったのに。翌日のEXILEのチケットもゲット。最近、ついてるな~ 私もLIVEに行きたいな~ 10/23  
■ショッピングでポイントが溜まっていてスカートがかなり安く買えた! 得した気分☆ 10/21 
■半年以上、不明熱による通院を続けているけど、血液検査の結果がだんだん良くなって来て少し希望が見えてきた。それにしても未だに原因不明。10/17 
 
 
 -YAN-

 
最新記事
50音順作品索引       あ行~た行
各記事とリンクしています 古い記事でもコメントをどうぞ こちらからもお邪魔させていただきます 
「あ行」
■アーティスト
■愛、アムール
■I am Sam アイ・アム・サム
■アイ・アム・レジェンド
■アイアンマン
■アイアンマン2
■アイアンマン3
■愛する人
■アイズ
■アイデンティティ
■愛のむきだし
■アイム・ノット・ゼア
■アイランド
■アイ、ロボット
■愛を読むひと
■アウェイク
■アウトロー
■赤ずきん
■悪人
■悪の教典
■悪魔を見た
■アクロス・ザ・ユニバース
■アジャストメント
■アジョシ
■新しい人生のはじめかた
■アップサイドダウン 重力の恋人
■アナザープラネット
■アナと雪の女王
■アバウト・シュミット
■アバウト・タイム~愛おしい時間について~
■アバター
■アパートメント
■アフタースクール
■アベンジャーズ
■アマデウス
■アメイジング・スパイダーマン
■アメイジング・スパイダーマン2
■アメリカン・ギャングスター
■アメリカン・スナイパー
■アメリカン・ハッスル
■アリス・イン・ワンダーランド
■ある公爵夫人の生涯
■ある子供
■アルゴ
■アンコール!!
■アンストッパブル
■アンチクライスト
■アンナ・カレーニナ
■アンノウン
■unknown  アンノウン
■イーグル・アイ
■イースタン・プロミス
■イエスマン“YES”は人生のパスワード
■硫黄島からの手紙
■イカとクジラ
■息もできない
■1408号室
■イノセンス
■イノセント・ガーデン
■イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
■妹の恋人
■インクレディブル・ハルク
■イングロリアス・バスターズ
■インシテミル 7日間のデス・ゲーム
■インシディアス
■インシディアス 第2章
■インセプション
■インターステラー
■インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
■イントゥ・ザ・ワイルド
■インビクタス/負けざる者たち
■インベージョン
■インモータルズー神々の戦いー
■ヴィレッジ
■ウィンターズ・ボーン
■ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
■ヴェロニカ・ゲリン
■ウォーム・ボディーズ
■ウォール街
■ウォール・ストリート
■ウォールフラワー
■ウォッチメン
■ウォルター少年と、夏の休日
■ウォンテッド
■宇宙人ポール
■宇宙戦争
■海を飛ぶ夢
■裏切りのサーカス
■ウルヴァリン:X-MEN ZERO
■ウルヴァリン:SAMURAI
■ウルフ・オブ・ウォールストリート
■ウルフマン
■運命じゃない人
■運命のボタン
■エアベンダー
■永遠の0
■永遠の僕たち
■英国王のスピーチ
■88ミニッツ
■英雄HERO
■エイリアンvs.プレデター
■エクスペンダブルズ
■エクスペンダブルズ2
■エクリプス/トワイライト・サーガ
■es[エス]
■エスター
■X-ファイル:真実を求めて
■X-MEN:ファイナル・ディシジョン
■X-MEN:ファースト・ジェネレーション
■X-MEN:フューチャー&パスト
■エミリー・ローズ
■M:i:3
■エリザベス:ゴールデン・エイジ
■エリジウム
■L.A.ギャング ストーリー
■L.A.コンフィデンシャル
■エンジェル ウォーズ
■エンド・オブ・ホワイトハウス
■おおかみこどもの雨と雪
■オーストラリア
■オープン・ユア・アイズ
■オール・アバウト・マイ・マザー
■オールド・ボーイ
■オール・ユー・ニード・イズ・キル
■おくりびと
■オズ はじまりの戦い
■おとなのけんか
■オブリビオン
■オペラ座の怪人(映画版)
■オペラ座の怪人(劇団四季版)
■オペラ座の怪人25周年記念公演 in ロンドン
■おみおくりの作法
■オンリー・ゴッド
「か行」
■カールじいさんの空飛ぶ家
■カイジ 人生逆転ゲーム
■カイジ2~人生奪回ゲーム~
■カウボーイ&エイリアン
■鍵泥棒のメソッド
■隠された記憶
■かぐや姫の物語
■崖っぷちの男
■崖の上のポニョ
■カサノバ
■ガタカ
■カッコーの巣の上で
■神々と男たち
■かもめ食堂
■花様年華
■華麗なるギャツビー
■渇き
■完全なる報復
■GANTZ
■GANTZ:PERFECT ANSWER
■鑑定士と顔のない依頼人
■義兄弟 SECRET REUNION
■危険なプロット
■キサラギ
■奇術師フーディーニ ~妖しき幻想~
■奇跡
■キック・アス
■キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
■キッズ・オールライト
■きっと、うまくいく
■希望の国
■きみがぼくを見つけた日
■きみに読む物語
■キャタピラー
■キャビン
■キャプテン・アメリカ  ザ・ファースト・アベンジャー
■キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
■キャプテン・フィリップス
■キャリー
■ギャング・オブ・ニューヨーク
■96時間
■96時間/リベンジ
■CUBE  シリーズ3作
■凶悪
■桐島、部活やめるってよ
■ギルバート・グレイプ
■キング・コング
■銀河ヒッチハイク・ガイド
■空気人形
■グエムルー漢江の怪物ー
■グッド・ウィル・ハンティング
■グッド・シェパード
■グッド・バッド・ウィアード
■グッバイ、レーニン!
■暗い日曜日
■クライマーズ・ハイ
■クラウド アトラス
■クラッシュ
■グランド・イリュージョン
■グランド・ブダペスト・ホテル
■グラン・トリノ
■グリーン・ゾーン
■クレイジー・ハート
■クローバーフィールド/HAKAISHA
■クロエ
■クロッシング(アメリカ)
■クロッシング(韓国)
■クロニクル
■クロユリ団地
■ケース39
■ケープタウン
■GAMER
■消されたヘッドライン
■幻影師アイゼンハイム
■恋のからさわぎ
■恋の罪
■ゴースト/ニューヨークの幻
■ゴーストライター
■氷の微笑2
■ゴールデンスランバー
■ゴールデンボーイ
■ゴーン・ガール
■ゴーン・ベイビー・ゴーン
■告白
■告発のとき
■GODZILLA ゴジラ
■コラテラル
■コララインとボタンの魔女
■コンスタンティン
■コンテイジョン
■(500)日のサマー
「さ行」
■ザ・イースト
■最強のふたり
■最高の人生の見つけ方
■サイダーハウス・ルール
■サイドウェイ
■サイド・エフェクト
■サイン
■殺人の告白
■殺人の追憶
■ザ・ウォーカー
■THE有頂天ホテル
■THE GREY 凍える太陽
■ザ・タウン
■砂漠でサーモン・フィッシング
■ザ・ハリケーン
■ザ・バンク 堕ちた巨像
■ザ・ファイター
■サブウェイ123 激突
■サプライズ
■ザ・マジックアワー
■13/ザメッティ
■サラの鍵
■猿の惑星:創世記(ジェネシス)
■猿の惑星:新世紀(ライジング)
■ザ・レッジ ―12時の死刑台―
■ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト
■サロゲート
■サンキュー・スモーキング
■サンクタム
■サンシャイン・クリーニング
■サンシャイン2057
■3時10分、決断のとき
■三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
■しあわせの隠れ場所
■幸せのちから
■幸せへのキセキ
■ジャージー・ボーイズ
■G.I.ジョー
■G.I.ジョー バック2リベンジ
■シークレット・ウィンドウ
■シービスケット
■ジェーン・エア
■J・エドガー
■シェルター
■シカゴ
■地獄でなぜ悪い
■シザーハンズ
■沈まぬ太陽
■シティ・オブ・ゴッド
■シティ・オブ・メン
■縞模様のパジャマの少年
■シャーロック・ホームズ
■シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
■灼熱の魂
■ジャックと天空の巨人
■シャッターアイランド
■ジャンパー
■12人の怒れる男
■17歳の肖像
■重力ピエロ
■シュガー・ラッシュ
■主人公は僕だった
■JUNO/ジュノ
■ジュリー&ジュリア
■ジュリエットからの手紙
■少年は残酷な弓を射る
■少年と自転車
■処刑人
■処刑人II
■ショコラ
■ジョンQ最後の決断
■白ゆき姫殺人事件
■白雪姫と鏡の女王
■白いリボン
■親愛なるきみへ
■シングルマン
■シン・シティ
■新少林寺/SHAOLIN
■人生の特等席
■親切なクムジャさん
■シンデレラマン
■スイミング・プール
■推理作家ポー 最期の5日間
■スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
■SUPER8/スーパーエイト
■スーパー・チューズデー~正義を売った日~
■スクール・オブ・ロック
■スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
■スター・トレック
■スター・トレック イントゥ・ダークネス
■ステイ
■ステキな金縛り
■ストーン
■スノーピアサー
■スパイダーマン3
■スピード・レーサー
■スプライス
■スペル
■スマグラー おまえの未来を運べ
■スラムドッグ$ミリオネア
■300<スリーハンドレッド>
■300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~
■スリーピー・ホロウ
■スルース
■S.W.A.T.
■ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
■正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
■世界侵略:ロサンゼルス決戦
■世界にひとつのプレイブック
■セックス・アンド・ザ・シティ
■セブンデイズ
■セルラー
■ゼロ・グラビティ
■ゼロ・ダーク・サーティ
■戦火の馬
■戦場のピアニスト
■潜水服は蝶の夢を見る
■ソーシャル・ネットワーク
■ソウ
■ソウ2
■ソウ3
■ソウ4
■ソウ5
■ソウ6
■ソウ ザ・ファイナル
■そして父になる
■ゾディアック
■その夜の侍
■ソルト
■それでも恋するバルセロナ
■それでもボクはやってない
■それでも夜は明ける
■ゾンビランド
「た行」
■ダーク・シャドウ
■ダークナイト
■ダークナイトライジング
■ダーク・フェアリー
■ターミナル
■ターミネーター
■ターミネーター2
■ターミネーター3
■ターミネーター4
■ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ
■第9地区
■タイタンの戦い
■ダイ・ハード4.0
■ダイ・ハード/ラスト・デイ
■TIME/タイム
■タイムマシン
■ダ・ヴィンチ・コード
■007/カジノ・ロワイヤル
■007/慰めの報酬
■007 スカイフォール
■ダラス・バイヤーズクラブ
■ダレン・シャン
■箪笥 <たんす>
■小さいおうち
■地球が静止する日
■父、帰る
■チェンジリング
■着信アリ
■チェイサー
■チャーリーとチョコレート工場
■チョコレートドーナツ
■ツーリスト
■ツォツィ
■月に囚われた男
■つぐない
■TSUNAMI-ツナミ-
■冷たい熱帯魚
■ツリー・オブ・ライフ
■手紙
■THIS IS IT
■デイ・アフター・トゥモロー
■デイ・ウォッチ
■テイク・シェルター
■ディスタービア
■ディパーテッド
■デイブレイカー
■デジャヴ
■DEATH NOTE デスノート 前編
■DEATH NOTE デスノート the Last name
■テッド
■デトロイト・メタル・シティ
■デビル
■デビルクエスト
■テルマエ・ロマエ
■テルマエ・ロマエⅡ
■天才スピヴェット
■天使と悪魔
■電車男
■デンジャラス・ラン
■東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 
■トーク・トゥ・ハー
■トータル・リコール
■トイ・ストーリー3
■12モンキーズ
■トゥモロー・ワールド
■トゥルー・グリット
■Dr.パルナサスの鏡
■特攻野郎Aチーム THE MOVIE
■ドッグヴィル
■ドニー・ダーコ
■ドニー・ダーコ2
■トライアングル
■ドライヴ
■ドラゴン・タトゥーの女
■トラブル・イン・ハリウッド
■とらわれて夏
■トランス
■トランスフォーマー
■トランスフォーマー/リベンジ
■トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
■トランス・ワールド
■トランセンデンス
■ドリアン・グレイ
■ドリームガールズ
■ドリームハウス
■トレインスポッティング
■トロイ
■トロン:レガシー
■トワイライト~初恋~
■トワイライト・サーガ/ニュー・ムーン
■トワイライト・サーガ/エクリプス
■トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart1
■トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart2
■ドン・ジョン
50音順作品索引       な行~わ行
「な行」
■ナイト&デイ
■ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
■ナイロビの蜂
■NINE
■嘆きのピエタ
■ナショナル・トレジャー
■ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記
■ナンバー23
■21グラム
■20世紀少年<第1章>終わりの始まり
■20世紀少年<第2章>最後の希望
■20世紀少年<最終章>ぼくらの旗
■28日後...
■28週後...
■2012
■ニューオーリンズ・トライアル
■ニュームーン/トワイライト・サーガ
■NEXTーネクストー
■ネスト
■ネバーランド
■ノア 約束の舟
■ノウイング
■脳男
■ノーカントリー
■のだめカンタービレ 最終楽章 前編
■ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
■ノルウェイの森
「は行」
■ハート・ロッカー
■ハード キャンディ
■バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
■パーフェクト・センス
■ハーフ・デイズ
■バーレスク
■バーン・アフター・リーディング
■ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ
■パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち
■パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
■パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
■パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
■ハウスメイド
■ハウルの動く城
■博士と彼女のセオリー
■パシフィック・リム
■バタフライ・エフェクト
■8人の女たち
■HACHI 約束の犬
■バットマン・ビギンズ
■バッド・エデュケーション
■バトルシップ
■バニラ・スカイ
■母なる証明
■ハプニング
■パフューム ある人殺しの物語
■パブリック・エネミーズ
■バベル
■ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
■ハモンハモン
■パラノーマル・アクティビティ
■パリ20区、僕たちのクラス
■パリより愛をこめて
■ハルク
■半落ち
■ハンガー・ゲーム
■ハンガー・ゲーム2
■ハングリー・ラビット
■ハンコック
■ハンニバル・ライジング
■バンテージ・ポイント
■パンズ・ラビリンス
■ビー・デビル
■英雄HERO
■HERO(邦画)
■ヒア アフター
■ピエロの赤い鼻
■ヒストリー・オブ・バイオレンス
■ビッグ・フィッシュ
■ヒッチコック
■瞳の奥の秘密
■ヒトラーの贋札
■ヒミズ
■127時間
■ヒューゴの不思議な発明
■BIUTIFULビューティフル
■ビューティフル・マインド
■ビヨンドtheシー~夢みるように歌えば~
■ピラニア
■ファーゴ
■ファイト・クラブ
■ファイナル・デッドコースター
■ファニーゲーム
■ファミリー・ツリー
■ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]
■50/50 フィフティ・フィフティ
■フィリップ、きみを愛してる!
■ブーリン家の姉妹
■THE 4TH KIND フォース・カインド
■復讐者に憐れみを
■複製された男
■ブタがいた教室
■PUSH 光と闇の能力者
■フッテージ
■舟を編む
■フライト
■フライト・ゲーム
■フライトナイト/恐怖の夜
■プライベート・ライアン
■ブラインドネス
■フラガール
■プラダを着た悪魔
■ブラックサイト
■ブラック・スネーク・モーン
■ブラック・スワン
■ブラック・ダリア
■ブラッド・ダイヤモンド
■プリズナーズ
■プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
■ブルージャスミン
■プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
■プレシャス
■プレステージ
■ブロウ
■ブロークバック・マウンテン
■ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢
■プロメテウス
■ヘアスプレー
■ペイチェック 消された記憶
■ベイマックス
■北京ヴァイオリン
■ベスト・キッド
■別離
■ペネロピ
■ヘルプ~心がつなぐストーリー~
■ベンジャミン・バトン 数奇な人生
■抱擁のかけら
■BOY A
■ボーン・アイデンティティ
■ボーン・スプレマシー
■ボーン・アルティメイタム
■ボーン・レガシー
■ぼくのエリ 200歳の少女
■ぼくの神さま
■ぼくを葬る
■ホテル・ルワンダ
■ホビット 思いがけない冒険
■ホビット 竜に奪われた王国
■ホビット 決戦のゆくえ
■ボルベール<帰郷>
■ホワイトハウス・ダウン
■ホワイト・ライズ
「ま行」
■マーターズ
■マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1回目)
■マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2回目)
■マイティ・ソー
■マイティ・ソー/ダーク・ワールド
■マイ・ブラザー
■マイライフ・アズ・ア・ドッグ
■マイレージ、マイライフ
■マシニスト
■マッチポイント
■マネーボール
■魔法使いの弟子
■魔法にかけられて
■マリー・アントワネットに別れをつげて
■マリリン 7日間の恋
■マルホランド・ドライブ
■マレフィセント
■マンマ・ミーア!
■ミケランジェロの暗号
■Mr.& Mrs.スミス
■ミスター・ノーバディ
■Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼
■ミスティック・リバー
■ミスト
■M:i:3
■ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
■ミッション:8ミニッツ
■ミッドナイト・イン・パリ
■みなさん、さようなら
■ミラーズ
■ミラーズ2
■未来を生きる君たちへ
■ミリオンダラー・ベイビー
■ミルク
■ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
■ミレニアム2 火と戯れる女
■ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士
■ムーラン・ルージュ
■ムーンライズ・キングダム
■息子のまなざし
■めぐりあう時間たち
■メタルヘッド
■メメント
■メランコリア
■メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
■メン・イン・ブラック3
■モーターサイクル・ダイアリーズ
■モーテル
■モールス
■モネ・ゲーム
■ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
■モンスター上司
■モンスターズ・ユニバーシティ
「や行」
■ヤギと男と男と壁と
■闇の列車、光の旅
■ヤング@ハート
■ユージュアル・サスペクツ
■許されざる者
■ゆれる
■八日目の蝉
■容疑者Xの献身
■善き人のためのソナタ
■4分間のピアニスト
「ら行」
■ラースと、その彼女
■ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ
■ライアーゲーム -再生-
■LIFE!
■ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
■ラストスタンド
■ラスベガスをぶっつぶせ
■落下の王国
■ラッシュ/プライドと友情
■LOVERS
■ラビット・ホール
■ラブ・アゲイン
■ラブリーボーン
■ラム・ダイアリー
■ランナウェイズ
■リアル鬼ごっこ
■リアル・スティール
■リトル・ダンサー
■リトル・ミス・サンシャイン
■リトル・ランボーズ
■リミットレス
■猟奇的な彼女
■リンカーン/秘密の書
■リンカーン弁護士
■LOOPER/ルーパー
■ルーム205
■ルックアウト/見張り
■ルドandクルシ
■るろうに剣心
■Ray/レイ
■レギオン
■レスラー
■REC/レック
■REC/レック2
■REC/レック3 ジェネシス
■RED/レッド
■レッドクリフPart1
■レッドクリフPart2ー未来への最終決戦ー
■レッド・ドラゴン
■レッド・ライト
■レディ・イン・ザ・ウォーター
■レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
■レポゼッション・メン
■レ・ミゼラブル
■ロード・オブ・ウォー
■ローラーガールズ・ダイアリー
■ローン・レンジャー
■6才のボクが、大人になるまで。
■ロシアン・ルーレット
■ロスト・アイズ
■ロスト・イン・トランスレーション
■ロック・オブ・エイジズ
■ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
■ロック・ユー!
■ロビン・フッド
■ロフト.
■ロボット
「わ行」
■ワールド・ウォーZ
■ワールド・オブ・ライズ
■私が、生きる肌
■私の中のあなた
■わたしを離さないで
■笑の大学
■嗤う分身
■悪いやつら
■ワルキューレ
■ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
■ONCE ダブリンの街角で
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

YAN

Author:YAN
生粋の名古屋人

映画は自宅鑑賞がほとんどです
自分の記憶の記録なので
ネタバレ多いです
愛情を込めて感想を
書いているつもり・・・ですが
文章はつたないです

音楽は70年代ROCKが好みです

「ネタバレあります」
→大きなネタバレ
「ネタバレあるかも」
→小さなネタバレ
となっています ご了承ください

コメント
トラックバック
リンク
カテゴリー
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。