スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モールス
このリメイク作品、なかなか良かったです!
純愛が悲しく切なく感じられて、やっぱり胸が痛くなった・・・

モールス
LET ME IN

監督:マット・リーヴス
製作:2010年 アメリカ
出演:*コディ・スミット=マクフィー *クロエ・グレース・モレッツ
*イライアス・コティーズ *リチャード・ジェンキンス

最も切なくて、最も怖ろしい、イノセントスリラー


オリジナルの「ぼくのエリ・・・」がとても良かったので、
リメイクはどうなんだろうと、あまり期待していなかったけど、
ハリウッドらしくホラー度をアップした仕上げで、これも良かったです。
どうしても、凍てつく透明な空気感は土地柄で出せないんだけどね。
感想としては、オリジナルとほぼ同じです。

オリジナルを観た時に強く印象に残ったのは、
エリがなかなかに獣っぽいって事と、
オスカーの行く末が心配でとても切ないって事でした。
リメイクでは、まさにこの点が強調されていて、
とても分かり易い作品になっていたと思います。

ネタバレあります


本作のアビー(クロエ・グレース・モレッツ)が人を襲う時の姿は、
獣を超えモンスターと化していて、ドキッとするほどだった(><)
「女の子じゃない」という言葉が、「普通の人間じゃない」
と言う意味にハッキリと限定されていて、分かり易かったですね。
可愛らしい少女なんだけど、人の血を飲まなければ生きられない
・・・と言う正体が、かなりショッキングに描かれています。

最初に男が死ぬシーンで始まるのも、意味があったと思います。
この男の存在意義を強調してるんですよね
死んだのはアビーの保護者だった老人です。
この老人、老いのせいで血を持ち帰るのに失敗し、
アビーに恐ろしい獣のような声で怒鳴りつけられる。
その時に、オリジナルには無かったセリフを言います。
「もう疲れたかもしれない・・・」と。

アビーは、自分を守ってくれる保護者である人間が
いないと、生きてゆけない。
その保護者が老いて役割を果たせなくなりそうな時期に、
アビーとオーウェン(コディ・スミット=マクフィー)は出会うんですね。
結末を知っているせいか、アビーがオーウェンを見る時、
次の保護者を探している目に見えてきたりして・・・(^^;
打算とか狡猾っていうのじゃなくて、もっと本能的な部分で、
探し求めているような感じを受けたなあ。
もちろん2人の間に、同じ孤独に生きる者同士の絆
あったと思います。
特にオーウェンにとっては純愛でしたよね。

彼がアビーの正体を知った時に父に電話して
「人は邪悪になれるの?」と涙するシーンに、
彼の苦しみがよく出ていて、こちらまで胸が痛くなったわ
(両親は全く彼を理解してないよね!)
オリジナルのオスカーより精神年齢が少し上に見えた。
オスカーはどこまで自分の行く末を理解しているのか
分からなかったけど、リメイクのオーウェンは、
アビーと老人が少年時代だった時のツーショット写真を見て、
その関係性を理解したみたいでしたね


アビーは人を殺めるモンスターだけれども、
それは邪悪なんじゃなくて、生きるために仕方の無い事だと、
その悲しい宿命を彼は受け入れる。
そして、プールでの事件があり、互いに必要な存在なんだと
思いを強くするんですね。
親でも先生でもなく、彼の命を救ってくれたのはアビーなんだから。

だからこのラストのオーウェンは保護者になる覚悟の
出来た、少年から少し大人になった姿なんですよね。
思い出されるのは冒頭の老人。
彼の行く末は、あの老人と重なるかもしれない。(- -;)
そう思うとこれは残酷な話で、悲しく切ない思いが残ります。


関連記事*****
「ぼくのエリ 200歳の少女」

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

とても同じで
これ以上いうことがないくらいです^^

ぼくエリの完成度が高いせいかリメイクどうなの?というのは杞憂でしたね
こちらはこちらできちんとハリウッドらしく謎を残さず出して、悪魔的な部分もきちんと描かれていましたね
曖昧な部分をなくしてわかりやすくなっていたと思います
ただ、その曖昧さが産む孤独の共鳴が出せない部分を、少年少女のロマンス色にしたんだと思いますが、それだとやはりオリジナルのエリの真相による孤独感がでていなかったかなとは思います

しかし、後は好みの問題ですよね~
ぼくエリのほうがいい人もいるし、モールスがいい人もいるし。私はやはりオリジナルに軍配をあげたいですが…
こんばんは
【ぼくのエリ・・・】は見たのですが、英語じゃないということと、
悪い子たちとは言えそこまで極悪じゃない子供たちが惨殺されてしまうのが
何ともやりきれなくて、ワタシはむしろ苦手な作品です。
でもハリウッド版なら見られるかなぁ・・・・。
獣っぽいクロエちゃんは見てみたいです。
makiさんへ
makiさんも同じ感想でしたか、それは良かった~(^_^)

結局このリメイクが良いのも、オリジナルが良かったせいですよね。
元々の内容が素晴らしかったので、それを上手くなぞって、
さらに分かり易く、ビジュアル的にもアップさせたものは、
やっぱり良いと言う事よね~

私自身は、オリジナルでもエリの真相に関しては、
あまり気にならなくて、それ以外でも
宿命である孤独感が伝わってきた作りだったと思っています。

両方ともにそれぞれ良さがあるから甲乙つけがたいけど、
オリジナルあってこそのリメイクなんじゃないかな~

mia☆miaさんへ
こんにちは!
確かに子供達が惨殺されるのは衝撃的でしたね・・・
そこが苦手と言う方がいても不思議はないです。
ただ、あのイジメをそのままにしていたら、
少年はプールで死んでいたと思うんですよね。
いじめっ子達は、子供にしては狡猾で邪悪だったなあ。
だからと言って殺していい訳じゃないけど、
それをしたのはやっぱり獣の本能でしょうね。
その辺りは、ハリウッド版も同じなんですよ。

リメイク成功例
…でしょうね。
コメとトラありがとうございます。
スティーブン・キングも絶賛したとかで。
オリジナルは北欧の風景がムードを増していましたが、コディ&クロエのコンビも良かったです。
はっきりと怪物になったあたりが、やっぱりハリウッド~みたいな。
ボーさんへ
リメイク成功例って少ないですよね~
今私が思い付くのは「ベストキッド」かな?

あの北欧の雰囲気・・冷たく凍る空気・透明感・閉塞感、
あれは他ではちょっと出せないです。
子役では、少年はオリジナル、少女はクロエちゃんが良かったかなあ。
クロエちゃん、すごい怪物顔に変身したのでビックリでした!
あそこはホラーでしたね。

見ましたね!
私は劇場で観たからレンタルの見直しはしてないのだけど特典映像付きカナ?
同じ北欧のリメイク「ドラゴン・タトゥーの女」も楽しみだね!
北欧で生オーロラを見てみたいよo(^-^)o半端じゃない寒さだろうね~ぇ
少年はオスカー君の方が神秘的だったね
クロエちゃんはMスコセッシ監督作にも出ているよね!
ハリウッドも子役ブームだ
最近はヴァンパイア映画が人気で怪物に変身したのはビックリしたよ(@_@)
森子さんへ
こんにちは!
レンタルには特典は全く無しでした。
少年は、オスカーの透明感のある白い肌が独特で、
この作品の神秘性や空気感に合っていたよね。
クロエちゃんは「ヒューゴ・・・」に出てるの?
これ3Dで観たい気がする。「ドラゴン・・」はレンタルでもいいけど。
彼女はこれからどんどん出て大物になりそうだね~

ヴァンパイア映画はたいてい耽美なムードが漂っていて、
血を吸っている姿も美しいものだけど、
これは本当にモンスターだった!驚いたね~

寒いね~~~!
YANさん、こちらにも^^
私も同じ感想~。
やっぱり両方良かった・・って思われている方が多いのかな。
こちらの方が、解りやすくなっていたよね。
そうそう、ラストのオスカーは、少し大人になっていた・・って私も思った・・・。

>オリジナルには無かったセリフを言います。
「もう疲れたかもしれない・・・」と。

うわー、そうだったか。
これ、覚えてなかったな。そうか、そうか・・・。
オリジナル版より、こちらの方が、オスカーの将来と、あのオッサンの悲哀に重きを置いていたというか、解りやすくしていた気がしました。

私はオリジナル版の方が若干好きだけど、こちらも好き。面白かったです★
latifaさんへ
こんにちは!
今週はずっと寒いんでしょう?ヤダね~~(><)

こちらの「モールス」のほうが、解釈し易くなってたよね。
アビーの獣としての宿命、オスカーの孤独と役割、を強調していた感じ。

「捕まりたいのかもしれない」とも同時に言っていて、
老人が保護者としてそろそろ限界に来ていると言う伏線でしたね。
老人とアビーのツーショット写真もハッキリ見せていたので、
オスカー自身、全てを理解して一緒に生きていくと
決めたんだよね・・・
両親も全く頼りにならないし、本当に孤独で信頼出来るのは
アビーだけだから、それまでの生活を捨てるのも、
迷いが無かった様子だったね。

NoTitle
リメイクも良かったと思います。
でも、オリジナルに傾倒してしまって素直になれないのが残念。
彼女が何故?吸血鬼になったのか?今作はそれがすごく気になりました。
夢眠さんへ
やっぱりオリジナルが良いと言う人は多いですね。

>何故?吸血鬼になったのか?
ん?そんな根本的なところ?(^^;
何故、死ぬ方を選ばずに生き延びているか?という意味かな?
彼女が「去って生き延びるか、留まって死ぬか」と手紙を
残すシーンがありましたね。
あれはロミオとジュリエットからの引用でした。
自殺をするのは人間だけと言うけど、彼女にも
死を考える知性があったのかなあ?
獣の本能が勝って生き延びているのかな?

やはりリメイクでしたかぁ~。
しげちゃんのブログリンクから失礼します。
ツタヤでこのタイトルを見かけた時、『ぼくのエリ』にそっくりだなぁ~ってスルーしてたんですが、やはりリメイク作品でしたか!すっきりです。
ブログを拝見させていただいて僕も一度観てみたいと思いました。
デニロウさんへ
ようこそ、御訪問ありがとうございます。
私の鑑賞する映画は、感動ドラマばかりじゃなくて、
アクション、ホラー、サスペンスなど様々でしょう?
人生を導くものとしても、息抜きや娯楽としても、何でも観ます!

これはリメイクとしては良く出来てましたよ。
今度、観てみて下さい。

なるほど〜
こんばんわ、YANさん!

はぁ〜、makiさん同様ため息の出るレビューになるほど納得。
もう、何も言う事ありましぇん。

しいて言えば、モールス信号での会話、何て言ってたのかなぁ?
その辺りが気になります。

それからタイトルは原題の"LET ME IN"の方が良かったかなぁって。
入ってもいい? と言う特有のしきたりみたいなシーン強調されてたのでー。
あ、でもインパクトは正直弱い気も^_^;
猫人さんへ
こんにちは!
どうしてもオリジナルとの比較が前面に出てきてしまう
感想になっちゃいました(^^;

モールス信号での会話は割と少なかったよね。
お互いの存在を確認して孤独を紛らせるって感じでしたね。
だから確かにタイトルに「モールス」って言うのは、
ピッタリとは思えないし、
かと言って「LET ME IN」もなんだかな~(^▽^;)
いっそ日本語で「入ってもいい?」・・・これも変か~
邦題は難しいですよね。

再見につき加筆修正あり。 「ぼくのエリ 200歳の少女」のハリウッドリメイク作品です。クロエ・グレース・モレッツちゃんがヴァンパイア役に扮しています、相変わらず可愛らしいですね。 話の流れは大体同じ。苛められっこのオーウェンがアビーと出会う。モールス信号を...
ハリウッド・リメイク。オリジナルを観て話を知っているから、どうしても新鮮な驚きはないのだが…。
水曜日に観たもう一本の映画。これも、原作はコミックだった…。図らずも、アメコミDayになっちゃった。しかも、スゴ腕は年金受給者で、小学生ではない。REDは、「Retired(引退した) ...
「モールス」 以前見た、2008年のぼくのエリ200歳の少女と比較して見ました。 両方ともそれぞれ良く出来ていたし、私は両方とも好きです。4つ★
モールス [DVD](2012/01/07)クロエ・グレース・モレッツ、コディ・スミット=マクフィー 他商品詳細を見る【LET ME IN】 制作国:アメリカ 制作年:2010年 「私のこと好き?たとえ、普通の女の子じゃなくて...
監督:マット・リーブス 出演:コディ・スミット=マクフィー クロエ・グレース・モレッツ イライアス・コティーズ 2010年 アメリカ 1時間56分 わたしのこと好き? たとえ普通の...
ひとりごと
  
■仕事、通院、年末年始の準備、いろいろ忙しいです。12/04
■「Prime Music」―Amazonのプライム会員でいた事が良かったと思えた。100万曲以上が聴き放題!ピンポイントで自分が聴きたい曲がなかったりするけど、聴き流しにはいい。11/20 
■やっば~い!喪中ハガキ印刷のためにPCを開いたら、久しぶり過ぎてメールが山ほど溜まっていた。ほとんど宣伝メールだけどね。11/05  
■友人とランチに行った。混んでいて仕方なく座敷で正座して食べたけど、足とお尻が痛くなって焦った。前より悪化しているような。今週お坊さんが来るけど正座出来ないと困るな。10/26 
■娘がミスチルのZEPPでのLIVEに当選した!凄い倍率だったのに。翌日のEXILEのチケットもゲット。最近、ついてるな~ 私もLIVEに行きたいな~ 10/23  
■ショッピングでポイントが溜まっていてスカートがかなり安く買えた! 得した気分☆ 10/21 
■半年以上、不明熱による通院を続けているけど、血液検査の結果がだんだん良くなって来て少し希望が見えてきた。それにしても未だに原因不明。10/17 
 
 
 -YAN-

 
最新記事
50音順作品索引       あ行~た行
各記事とリンクしています 古い記事でもコメントをどうぞ こちらからもお邪魔させていただきます 
「あ行」
■アーティスト
■愛、アムール
■I am Sam アイ・アム・サム
■アイ・アム・レジェンド
■アイアンマン
■アイアンマン2
■アイアンマン3
■愛する人
■アイズ
■アイデンティティ
■愛のむきだし
■アイム・ノット・ゼア
■アイランド
■アイ、ロボット
■愛を読むひと
■アウェイク
■アウトロー
■赤ずきん
■悪人
■悪の教典
■悪魔を見た
■アクロス・ザ・ユニバース
■アジャストメント
■アジョシ
■新しい人生のはじめかた
■アップサイドダウン 重力の恋人
■アナザープラネット
■アナと雪の女王
■アバウト・シュミット
■アバウト・タイム~愛おしい時間について~
■アバター
■アパートメント
■アフタースクール
■アベンジャーズ
■アマデウス
■アメイジング・スパイダーマン
■アメイジング・スパイダーマン2
■アメリカン・ギャングスター
■アメリカン・スナイパー
■アメリカン・ハッスル
■アリス・イン・ワンダーランド
■ある公爵夫人の生涯
■ある子供
■アルゴ
■アンコール!!
■アンストッパブル
■アンチクライスト
■アンナ・カレーニナ
■アンノウン
■unknown  アンノウン
■イーグル・アイ
■イースタン・プロミス
■イエスマン“YES”は人生のパスワード
■硫黄島からの手紙
■イカとクジラ
■息もできない
■1408号室
■イノセンス
■イノセント・ガーデン
■イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
■妹の恋人
■インクレディブル・ハルク
■イングロリアス・バスターズ
■インシテミル 7日間のデス・ゲーム
■インシディアス
■インシディアス 第2章
■インセプション
■インターステラー
■インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
■イントゥ・ザ・ワイルド
■インビクタス/負けざる者たち
■インベージョン
■インモータルズー神々の戦いー
■ヴィレッジ
■ウィンターズ・ボーン
■ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
■ヴェロニカ・ゲリン
■ウォーム・ボディーズ
■ウォール街
■ウォール・ストリート
■ウォールフラワー
■ウォッチメン
■ウォルター少年と、夏の休日
■ウォンテッド
■宇宙人ポール
■宇宙戦争
■海を飛ぶ夢
■裏切りのサーカス
■ウルヴァリン:X-MEN ZERO
■ウルヴァリン:SAMURAI
■ウルフ・オブ・ウォールストリート
■ウルフマン
■運命じゃない人
■運命のボタン
■エアベンダー
■永遠の0
■永遠の僕たち
■英国王のスピーチ
■88ミニッツ
■英雄HERO
■エイリアンvs.プレデター
■エクスペンダブルズ
■エクスペンダブルズ2
■エクリプス/トワイライト・サーガ
■es[エス]
■エスター
■X-ファイル:真実を求めて
■X-MEN:ファイナル・ディシジョン
■X-MEN:ファースト・ジェネレーション
■X-MEN:フューチャー&パスト
■エミリー・ローズ
■M:i:3
■エリザベス:ゴールデン・エイジ
■エリジウム
■L.A.ギャング ストーリー
■L.A.コンフィデンシャル
■エンジェル ウォーズ
■エンド・オブ・ホワイトハウス
■おおかみこどもの雨と雪
■オーストラリア
■オープン・ユア・アイズ
■オール・アバウト・マイ・マザー
■オールド・ボーイ
■オール・ユー・ニード・イズ・キル
■おくりびと
■オズ はじまりの戦い
■おとなのけんか
■オブリビオン
■オペラ座の怪人(映画版)
■オペラ座の怪人(劇団四季版)
■オペラ座の怪人25周年記念公演 in ロンドン
■おみおくりの作法
■オンリー・ゴッド
「か行」
■カールじいさんの空飛ぶ家
■カイジ 人生逆転ゲーム
■カイジ2~人生奪回ゲーム~
■カウボーイ&エイリアン
■鍵泥棒のメソッド
■隠された記憶
■かぐや姫の物語
■崖っぷちの男
■崖の上のポニョ
■カサノバ
■ガタカ
■カッコーの巣の上で
■神々と男たち
■かもめ食堂
■花様年華
■華麗なるギャツビー
■渇き
■完全なる報復
■GANTZ
■GANTZ:PERFECT ANSWER
■鑑定士と顔のない依頼人
■義兄弟 SECRET REUNION
■危険なプロット
■キサラギ
■奇術師フーディーニ ~妖しき幻想~
■奇跡
■キック・アス
■キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
■キッズ・オールライト
■きっと、うまくいく
■希望の国
■きみがぼくを見つけた日
■きみに読む物語
■キャタピラー
■キャビン
■キャプテン・アメリカ  ザ・ファースト・アベンジャー
■キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
■キャプテン・フィリップス
■キャリー
■ギャング・オブ・ニューヨーク
■96時間
■96時間/リベンジ
■CUBE  シリーズ3作
■凶悪
■桐島、部活やめるってよ
■ギルバート・グレイプ
■キング・コング
■銀河ヒッチハイク・ガイド
■空気人形
■グエムルー漢江の怪物ー
■グッド・ウィル・ハンティング
■グッド・シェパード
■グッド・バッド・ウィアード
■グッバイ、レーニン!
■暗い日曜日
■クライマーズ・ハイ
■クラウド アトラス
■クラッシュ
■グランド・イリュージョン
■グランド・ブダペスト・ホテル
■グラン・トリノ
■グリーン・ゾーン
■クレイジー・ハート
■クローバーフィールド/HAKAISHA
■クロエ
■クロッシング(アメリカ)
■クロッシング(韓国)
■クロニクル
■クロユリ団地
■ケース39
■ケープタウン
■GAMER
■消されたヘッドライン
■幻影師アイゼンハイム
■恋のからさわぎ
■恋の罪
■ゴースト/ニューヨークの幻
■ゴーストライター
■氷の微笑2
■ゴールデンスランバー
■ゴールデンボーイ
■ゴーン・ガール
■ゴーン・ベイビー・ゴーン
■告白
■告発のとき
■GODZILLA ゴジラ
■コラテラル
■コララインとボタンの魔女
■コンスタンティン
■コンテイジョン
■(500)日のサマー
「さ行」
■ザ・イースト
■最強のふたり
■最高の人生の見つけ方
■サイダーハウス・ルール
■サイドウェイ
■サイド・エフェクト
■サイン
■殺人の告白
■殺人の追憶
■ザ・ウォーカー
■THE有頂天ホテル
■THE GREY 凍える太陽
■ザ・タウン
■砂漠でサーモン・フィッシング
■ザ・ハリケーン
■ザ・バンク 堕ちた巨像
■ザ・ファイター
■サブウェイ123 激突
■サプライズ
■ザ・マジックアワー
■13/ザメッティ
■サラの鍵
■猿の惑星:創世記(ジェネシス)
■猿の惑星:新世紀(ライジング)
■ザ・レッジ ―12時の死刑台―
■ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト
■サロゲート
■サンキュー・スモーキング
■サンクタム
■サンシャイン・クリーニング
■サンシャイン2057
■3時10分、決断のとき
■三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
■しあわせの隠れ場所
■幸せのちから
■幸せへのキセキ
■ジャージー・ボーイズ
■G.I.ジョー
■G.I.ジョー バック2リベンジ
■シークレット・ウィンドウ
■シービスケット
■ジェーン・エア
■J・エドガー
■シェルター
■シカゴ
■地獄でなぜ悪い
■シザーハンズ
■沈まぬ太陽
■シティ・オブ・ゴッド
■シティ・オブ・メン
■縞模様のパジャマの少年
■シャーロック・ホームズ
■シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
■灼熱の魂
■ジャックと天空の巨人
■シャッターアイランド
■ジャンパー
■12人の怒れる男
■17歳の肖像
■重力ピエロ
■シュガー・ラッシュ
■主人公は僕だった
■JUNO/ジュノ
■ジュリー&ジュリア
■ジュリエットからの手紙
■少年は残酷な弓を射る
■少年と自転車
■処刑人
■処刑人II
■ショコラ
■ジョンQ最後の決断
■白ゆき姫殺人事件
■白雪姫と鏡の女王
■白いリボン
■親愛なるきみへ
■シングルマン
■シン・シティ
■新少林寺/SHAOLIN
■人生の特等席
■親切なクムジャさん
■シンデレラマン
■スイミング・プール
■推理作家ポー 最期の5日間
■スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
■SUPER8/スーパーエイト
■スーパー・チューズデー~正義を売った日~
■スクール・オブ・ロック
■スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
■スター・トレック
■スター・トレック イントゥ・ダークネス
■ステイ
■ステキな金縛り
■ストーン
■スノーピアサー
■スパイダーマン3
■スピード・レーサー
■スプライス
■スペル
■スマグラー おまえの未来を運べ
■スラムドッグ$ミリオネア
■300<スリーハンドレッド>
■300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~
■スリーピー・ホロウ
■スルース
■S.W.A.T.
■ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
■正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
■世界侵略:ロサンゼルス決戦
■世界にひとつのプレイブック
■セックス・アンド・ザ・シティ
■セブンデイズ
■セルラー
■ゼロ・グラビティ
■ゼロ・ダーク・サーティ
■戦火の馬
■戦場のピアニスト
■潜水服は蝶の夢を見る
■ソーシャル・ネットワーク
■ソウ
■ソウ2
■ソウ3
■ソウ4
■ソウ5
■ソウ6
■ソウ ザ・ファイナル
■そして父になる
■ゾディアック
■その夜の侍
■ソルト
■それでも恋するバルセロナ
■それでもボクはやってない
■それでも夜は明ける
■ゾンビランド
「た行」
■ダーク・シャドウ
■ダークナイト
■ダークナイトライジング
■ダーク・フェアリー
■ターミナル
■ターミネーター
■ターミネーター2
■ターミネーター3
■ターミネーター4
■ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ
■第9地区
■タイタンの戦い
■ダイ・ハード4.0
■ダイ・ハード/ラスト・デイ
■TIME/タイム
■タイムマシン
■ダ・ヴィンチ・コード
■007/カジノ・ロワイヤル
■007/慰めの報酬
■007 スカイフォール
■ダラス・バイヤーズクラブ
■ダレン・シャン
■箪笥 <たんす>
■小さいおうち
■地球が静止する日
■父、帰る
■チェンジリング
■着信アリ
■チェイサー
■チャーリーとチョコレート工場
■チョコレートドーナツ
■ツーリスト
■ツォツィ
■月に囚われた男
■つぐない
■TSUNAMI-ツナミ-
■冷たい熱帯魚
■ツリー・オブ・ライフ
■手紙
■THIS IS IT
■デイ・アフター・トゥモロー
■デイ・ウォッチ
■テイク・シェルター
■ディスタービア
■ディパーテッド
■デイブレイカー
■デジャヴ
■DEATH NOTE デスノート 前編
■DEATH NOTE デスノート the Last name
■テッド
■デトロイト・メタル・シティ
■デビル
■デビルクエスト
■テルマエ・ロマエ
■テルマエ・ロマエⅡ
■天才スピヴェット
■天使と悪魔
■電車男
■デンジャラス・ラン
■東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 
■トーク・トゥ・ハー
■トータル・リコール
■トイ・ストーリー3
■12モンキーズ
■トゥモロー・ワールド
■トゥルー・グリット
■Dr.パルナサスの鏡
■特攻野郎Aチーム THE MOVIE
■ドッグヴィル
■ドニー・ダーコ
■ドニー・ダーコ2
■トライアングル
■ドライヴ
■ドラゴン・タトゥーの女
■トラブル・イン・ハリウッド
■とらわれて夏
■トランス
■トランスフォーマー
■トランスフォーマー/リベンジ
■トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
■トランス・ワールド
■トランセンデンス
■ドリアン・グレイ
■ドリームガールズ
■ドリームハウス
■トレインスポッティング
■トロイ
■トロン:レガシー
■トワイライト~初恋~
■トワイライト・サーガ/ニュー・ムーン
■トワイライト・サーガ/エクリプス
■トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart1
■トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart2
■ドン・ジョン
50音順作品索引       な行~わ行
「な行」
■ナイト&デイ
■ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
■ナイロビの蜂
■NINE
■嘆きのピエタ
■ナショナル・トレジャー
■ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記
■ナンバー23
■21グラム
■20世紀少年<第1章>終わりの始まり
■20世紀少年<第2章>最後の希望
■20世紀少年<最終章>ぼくらの旗
■28日後...
■28週後...
■2012
■ニューオーリンズ・トライアル
■ニュームーン/トワイライト・サーガ
■NEXTーネクストー
■ネスト
■ネバーランド
■ノア 約束の舟
■ノウイング
■脳男
■ノーカントリー
■のだめカンタービレ 最終楽章 前編
■ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
■ノルウェイの森
「は行」
■ハート・ロッカー
■ハード キャンディ
■バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
■パーフェクト・センス
■ハーフ・デイズ
■バーレスク
■バーン・アフター・リーディング
■ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ
■パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち
■パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
■パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
■パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
■ハウスメイド
■ハウルの動く城
■博士と彼女のセオリー
■パシフィック・リム
■バタフライ・エフェクト
■8人の女たち
■HACHI 約束の犬
■バットマン・ビギンズ
■バッド・エデュケーション
■バトルシップ
■バニラ・スカイ
■母なる証明
■ハプニング
■パフューム ある人殺しの物語
■パブリック・エネミーズ
■バベル
■ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
■ハモンハモン
■パラノーマル・アクティビティ
■パリ20区、僕たちのクラス
■パリより愛をこめて
■ハルク
■半落ち
■ハンガー・ゲーム
■ハンガー・ゲーム2
■ハングリー・ラビット
■ハンコック
■ハンニバル・ライジング
■バンテージ・ポイント
■パンズ・ラビリンス
■ビー・デビル
■英雄HERO
■HERO(邦画)
■ヒア アフター
■ピエロの赤い鼻
■ヒストリー・オブ・バイオレンス
■ビッグ・フィッシュ
■ヒッチコック
■瞳の奥の秘密
■ヒトラーの贋札
■ヒミズ
■127時間
■ヒューゴの不思議な発明
■BIUTIFULビューティフル
■ビューティフル・マインド
■ビヨンドtheシー~夢みるように歌えば~
■ピラニア
■ファーゴ
■ファイト・クラブ
■ファイナル・デッドコースター
■ファニーゲーム
■ファミリー・ツリー
■ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]
■50/50 フィフティ・フィフティ
■フィリップ、きみを愛してる!
■ブーリン家の姉妹
■THE 4TH KIND フォース・カインド
■復讐者に憐れみを
■複製された男
■ブタがいた教室
■PUSH 光と闇の能力者
■フッテージ
■舟を編む
■フライト
■フライト・ゲーム
■フライトナイト/恐怖の夜
■プライベート・ライアン
■ブラインドネス
■フラガール
■プラダを着た悪魔
■ブラックサイト
■ブラック・スネーク・モーン
■ブラック・スワン
■ブラック・ダリア
■ブラッド・ダイヤモンド
■プリズナーズ
■プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
■ブルージャスミン
■プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
■プレシャス
■プレステージ
■ブロウ
■ブロークバック・マウンテン
■ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢
■プロメテウス
■ヘアスプレー
■ペイチェック 消された記憶
■ベイマックス
■北京ヴァイオリン
■ベスト・キッド
■別離
■ペネロピ
■ヘルプ~心がつなぐストーリー~
■ベンジャミン・バトン 数奇な人生
■抱擁のかけら
■BOY A
■ボーン・アイデンティティ
■ボーン・スプレマシー
■ボーン・アルティメイタム
■ボーン・レガシー
■ぼくのエリ 200歳の少女
■ぼくの神さま
■ぼくを葬る
■ホテル・ルワンダ
■ホビット 思いがけない冒険
■ホビット 竜に奪われた王国
■ホビット 決戦のゆくえ
■ボルベール<帰郷>
■ホワイトハウス・ダウン
■ホワイト・ライズ
「ま行」
■マーターズ
■マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1回目)
■マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2回目)
■マイティ・ソー
■マイティ・ソー/ダーク・ワールド
■マイ・ブラザー
■マイライフ・アズ・ア・ドッグ
■マイレージ、マイライフ
■マシニスト
■マッチポイント
■マネーボール
■魔法使いの弟子
■魔法にかけられて
■マリー・アントワネットに別れをつげて
■マリリン 7日間の恋
■マルホランド・ドライブ
■マレフィセント
■マンマ・ミーア!
■ミケランジェロの暗号
■Mr.& Mrs.スミス
■ミスター・ノーバディ
■Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼
■ミスティック・リバー
■ミスト
■M:i:3
■ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
■ミッション:8ミニッツ
■ミッドナイト・イン・パリ
■みなさん、さようなら
■ミラーズ
■ミラーズ2
■未来を生きる君たちへ
■ミリオンダラー・ベイビー
■ミルク
■ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
■ミレニアム2 火と戯れる女
■ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士
■ムーラン・ルージュ
■ムーンライズ・キングダム
■息子のまなざし
■めぐりあう時間たち
■メタルヘッド
■メメント
■メランコリア
■メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
■メン・イン・ブラック3
■モーターサイクル・ダイアリーズ
■モーテル
■モールス
■モネ・ゲーム
■ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
■モンスター上司
■モンスターズ・ユニバーシティ
「や行」
■ヤギと男と男と壁と
■闇の列車、光の旅
■ヤング@ハート
■ユージュアル・サスペクツ
■許されざる者
■ゆれる
■八日目の蝉
■容疑者Xの献身
■善き人のためのソナタ
■4分間のピアニスト
「ら行」
■ラースと、その彼女
■ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ
■ライアーゲーム -再生-
■LIFE!
■ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
■ラストスタンド
■ラスベガスをぶっつぶせ
■落下の王国
■ラッシュ/プライドと友情
■LOVERS
■ラビット・ホール
■ラブ・アゲイン
■ラブリーボーン
■ラム・ダイアリー
■ランナウェイズ
■リアル鬼ごっこ
■リアル・スティール
■リトル・ダンサー
■リトル・ミス・サンシャイン
■リトル・ランボーズ
■リミットレス
■猟奇的な彼女
■リンカーン/秘密の書
■リンカーン弁護士
■LOOPER/ルーパー
■ルーム205
■ルックアウト/見張り
■ルドandクルシ
■るろうに剣心
■Ray/レイ
■レギオン
■レスラー
■REC/レック
■REC/レック2
■REC/レック3 ジェネシス
■RED/レッド
■レッドクリフPart1
■レッドクリフPart2ー未来への最終決戦ー
■レッド・ドラゴン
■レッド・ライト
■レディ・イン・ザ・ウォーター
■レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
■レポゼッション・メン
■レ・ミゼラブル
■ロード・オブ・ウォー
■ローラーガールズ・ダイアリー
■ローン・レンジャー
■6才のボクが、大人になるまで。
■ロシアン・ルーレット
■ロスト・アイズ
■ロスト・イン・トランスレーション
■ロック・オブ・エイジズ
■ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
■ロック・ユー!
■ロビン・フッド
■ロフト.
■ロボット
「わ行」
■ワールド・ウォーZ
■ワールド・オブ・ライズ
■私が、生きる肌
■私の中のあなた
■わたしを離さないで
■笑の大学
■嗤う分身
■悪いやつら
■ワルキューレ
■ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
■ONCE ダブリンの街角で
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

YAN

Author:YAN
生粋の名古屋人

映画は自宅鑑賞がほとんどです
自分の記憶の記録なので
ネタバレ多いです
愛情を込めて感想を
書いているつもり・・・ですが
文章はつたないです

音楽は70年代ROCKが好みです

「ネタバレあります」
→大きなネタバレ
「ネタバレあるかも」
→小さなネタバレ
となっています ご了承ください

コメント
トラックバック
リンク
カテゴリー
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。