スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ターミネーター4
待望の「ターミネーター4」を観てきました。
これまでに見た事のないターミネーターがいろいろ出てきて、
映像的に面白く、すっごい迫力でした~!
でもこれは、新シリーズの序章に過ぎません。。。

t4.gif
監督:マックG
製作:2009年 アメリカ
出演:*クリスチャン・ベイル *サム・ワーシントン *アントン・イェルチン

どこで誰が、未来を変えたのか?

「審判の日」が来てしまった後の2018年は荒廃した世界です。
これまでのシリーズとは全く違う暗い色合いだけど、

これはこれでカッコよくて好きです。

でも、あまりにも前作までとは作風が違っています。
例えるなら「バットマン」を4作続けてアメコミ路線で製作した後、
「バットマン・ビギンズ」でダークなシリアス路線に変わったようなもの。

だから私は、「ターミネーター」も前3作とは切り離して、
「4」は別個の新たなシリーズだと考える事にしました。
基本的な設定はこれまでのものをきちんと踏襲した上で、
新たな舞台で異なった色づけを施した作品だと。

前は個と個の戦いだったのが、
本作は人間対機械の全面戦争になっています。
これまでのサスペンス要素は消えて、完全な戦争映画と言ってもいい。
「ターミネーター・フォー(4)」は「ターミネーター・ウォー・ビギンズ」
心の中でタイトルを付けました。(^▽^;)

バットマンの話題が出たついでに言うと、
クリスチャン・ベイルは昨年 大々的に悩めるヒーローとして
活躍したばかりなのに、今年もまた悩めるヒーローを演じるとは、
役柄もかぶるし、まるで他に役者がいないみたいで、
どういう事?とちょっと引っかかっていました。
でも、作品を観たら、厳しい状況に挑んでいく強い戦士が、
とてもハマッていて、いいじゃないの と思い直しました。
昨年よりまた体重を落としたような引き締まった顔つきに
なっていて、役作りもバッチリ。

とにかく、本作は、人間と機械が戦争をしている世界。
しかも、機械の方が種類も多く圧倒的に有利なので、
追い詰められる人間側は最初から最後まで全く気が抜けない。
緊迫感がずっと持続するんですよね。



ネタバレを含みます



そんな中現れるのが、マーカス・ライトと言う男。
脳と心臓だけが人間のもので、あとは金属等で
組み立てられたサイボーグです。
前にターミネーターが未来から過去へ送られたのに対し、
マーカスは過去から未来に送られたというのが面白い。

マーカスが本作で取り上げられた理由は、
「人間と機械の違いは何か?」というテーマのためでしょう。

機械はプログラム通りにしか動けない。
(中枢は知能で動く)

でも人間は心で動く。
心によって状況を判断して動く。
愛を感じ、人の愛も理解する。
贖罪と自己犠牲の気持ちがある。
(文章表現が下手だなあ。もっと感動的に書きたかったけど (´o`;)

スカイネット中枢で、簡単に同期したシーンで、
どういうチョロい中枢だと思っていたら、
そこには罠があったんですね~
人間か機械かで葛藤し苦悩するマーカスがとても切なくて、
今回一番感情移入しやすい人でした。

結局、マーカスは自分でチップを取って、
誇りある人間として生きようとする。
この辺りは、「ターミネーター2」で、シュワちゃんが
人間の感情を学習できた・・・の部分に繋がる話だと思います。

組み込まれたチップより人間の脳(心)の方が強いと
マーカスの行動によって分ったわけです。

いずれ人間の心を持った機械を製造する事に成功するのでは?
人間は機械を倒すんじゃなくて、調和して共存していく世界に
なるんじゃないだろうか?と、大幅脱線して
チラッと先の展開まで考えてしまいました(^^ゞ

マーカスの存在は、戦争の流れを変える大きな意味が
あったんじゃないかなと思いますが・・・?


本作は、ジョンがその後大きなカリスマ性を持つであろうと
推測される段階で、ジョンとカイルの出会いや
基本的なポイントを抑えた新シリーズの序章に過ぎません。
まだまだ足りない、もっとこれから!という感じです。


サラのテープ・写真、かつての名場面の再現があったりして、
テンションはかなり上がる作品でした★
シュワちゃんが出てきた時、ジョンにはもっと大きな
リアクションをとってほしかったなあ。

テーマ : ★おすすめ映画★
ジャンル : 映画

Secret
(非公開コメント受付中)

見事なシリーズ新作
米トラありがとうございます。
映画館に行ってこられたのですね。これは行って正解でしょう!
アクション映画としても、マーカスというキャラクターも、すばらしかったと思います。

人間性は、機械にコントロールはされないぞ、機械に負けないぞ、ということですよね。
脳と心臓だけってことは、血液は脳にだけ直行か? 考えても分からないので、ほっときます。

ベイルが、本作ではバットマンを全く思わせないのも、なんだか、すごい役者かも!と感じます。
こんばんわ♪
YANさん、どーもー☆
さっそく観賞されましたね!お疲れ様です。

>「ターミネーター・ウォー・ビギンズ」
とても上手いネーミングですよ♪バッチリです☆
まったく新しいものとして観賞したほうが面白味がましますね。

しかしながらYANさんのレビューには脱帽です。
こういう風に色んな視点から評価されると、作り手側も絶対に嬉しいと思います。
わたしなんか超へなちょこですもん、最近は自分の感想に飽き飽きしてました。。。
そもそも、映画ブログとか感想を述べるとか向いてないかも(T_T)

と、話はそれましたが、YANさんのレビューでもう一度観たくなってしまった~☆
続編も期待度大です!(^^)!
ジョン、カイル、マーカス。
こんばんは^^
前はトラックバックが出来ないということですみませんでした。何でなんでしょう。他の方は出来てるみたいなのですが。
で、トラックバックというのは、「自分もこの作品の記事書いてます~」ということを示すためにするんでしょうか?いまいち分からなくて、、。
僕もこの作品について書いたのでトラックバックしたいのですが、あとでちょっと挑戦してみますね。
「ターミネーター・ウォー・ビギンズ」、なかなか良いかも^^でも、原題って~4ってじゃないですよね。ターミネーター・~と長かったような気がします。あれを訳したいんですが、面倒だからいいやってなっちゃう↓w
でもたしかに3までのストーリーは踏襲しながらも、全くまた別の映画になってますね。核戦争後の世界って映像化が難しかったように思いますが、近年の映像技術、VFXの飛躍的成長によって実現したとも言えますね。ほんとに映像、すごかったですもん^^
「調和」していく世界。和解していく世界。いいですねぇ。僕そんなこと考えもしてなかったなぁ。このまま永遠に抗争は続くっていう悲観的な考えしかなかったです。ダメですよね。
そうですね。まだまだこれから!というかんじですね。ジョン、カイル、マーカスの物語をもっと観たいですし^^今回おいしい役を勝ち取ったワーシントンの活躍ぶる、マーカスの活躍ぶりに期待です。
でもほんとにジョンにベイルは合ってる!すごく。これからカリスマ性を発揮出来るような役作りが必要かもしれませんね。
続編、否が応でも期待しちゃいます^^
う~む、評判いいなぁ~
そうか~バットマンみたく、全然違うシリーズっぽくなってるんですね!
予告編からしてカラーが全然違いましたモンね~

で、すごく良かったみたいですね~
でも今、戦争映画が観たい気分じゃない・・・
映画館向き、というか「これは映画館じゃなきゃ迫力が全然違うよ!」な作品であるのは分かってるんですが、行く気にならない・・・
行ったら行ったで楽しんじゃうんでしょうけど☆

ターミネーター・ウォー・ビギンズ
よく考えました・・すてき

YANさんおはようございます
劇場鑑賞楽しめたようですね

これまでのターミネーターとは別のものかぁ
劇場でみてる時は前3作とのつながりをよーく感じましたが、カラーはずいぶん変わった事に、あとで気がつきました

マーカスって過去から送られてきたの????
あぁ潜入型ロボットとかいってたな
送られてきたのか??
DVDで色々確かめなきゃ

ボーさんへ
こういう動きが激しくて大きなものは、映画館で観たほうがいいですよね!
大型やバイク型のターミネーターが縦横無尽に動く映像はすごかった~

今作のキーパーソンのマーカスは、そこら辺の人間(司令部など)より
温かく誠実なハートを持ってましたよね。
人間性には悪の部分もあるけど、マーカスを中心に据える事で、
良い部分に焦点を当ててましたね。
ほんと、脳と心臓だけって、どうやって生命を維持してたんでしょ。

ベイルも好きだけど、大作にどうして彼ばかり?と思います。
また今度、ジョニー・デップとの共演があるんでしょ。

猫人さんへ
猫人さんに遅れること一週間、行ってきましたよ~
ネーミングは、全面戦争の第一弾というつもり。
バッチリだなんて、サンキュッです(^^ゞ
私としては、「2」を超える作品はまずムリだよね~と思っているので、
「4」はまた別にしたいんですよね。雰囲気もかなり違うし。

猫人さんのブログには楽しさ馴染みやすさという特色が
きちんとあって、好きなんですよね~ 
すぐお邪魔したくなっちゃう(^^)
他の方もそれぞれ映画ブログの中でも違う個性があるんですよね。
作品の紹介に重きを置いてネタバレを絶対にしないという人もいれば、
私みたいに自分の鑑賞記録のために好き勝手書いている人間もいます。
みんな好きなスタイルで続ければいいですよね。

続編も楽しみです。このシリーズは見逃しませんよ!

ベルモンドさんへ
時々、TBできないブログがあるんですよね~なぜでしょうね。
ベルモンドさんは同じFC2なのにね。そのうち出来るかな?

TBの意味はベルモンドさんの言う通りだと思います。
この「T-4」にしても、ここのコメント欄だけでは
ベルモンドさんの考えを全部出せないでしょう?
(って、けっこうたくさん書いていただいてうれしいですが)
ブログにUPした記事に感想があるわけだから、
私としてもコメントとベルモンドさんのTBした記事と
両方読む事でよく分るので、TBは役に立ちますよ。

そうですね、原題は「Terminator Salvation」でしたね。
「救済」「救世」という意味のようですね。
救済を求めたのはマーカス、救世主になるのはジョン。
「4」を付けたのは安易な気もするけど、集客できるからね(≧ε≦)

調和していく世界になるのか勝手な予想をしましたが、
人間にとって機械の人工知能は必要なものだから、
排除するわけにもいかないし、
着地点はそこしかないんじゃないかと思うんですよね。
でも、映画ではどんどんシロウトの予想を裏切って、
想像もつかないような世界を見せてほしいなあ。
マーカスも本作で終わりじゃなくて、また見たいですよね!
もし設定が10年後とすると、カイルは違う役者になるのかな?
わさぴょんさんへ
評判いいのかな~?
映画サイトを見るとユーザーの点数はそんなに高くないの・・・(;_:)
1や2が好きな人は厳しい評価を出しちゃうかも。

私としても、満点は出せないんですよ・・・でも好きだけど。
わさぴょんさんが「レスラー」で受けた感動の方が大きいかも。
でもこの先の続編もある事だし、DVDでは観て下さいね!
雨里さんへ
雨里さん、お褒めの言葉をありがとう~★
前3作との繋がりはちゃんとありましたね。
「3」は別物と言われていたけど、ストーリーとしては絡んでました。

でもさ、今さらな事を言うようだけど、
カイルがジョンの父親だって事、サラとジョンしか知らないのでは?
違ったかなあ?どこかで他の人にしゃべってたかな?
本作でスカイネットがカイルを抹殺順位の一番目に挙げてたのは、
カイルがジョンの父親だと知ってたからでしょ?
どこでバレたんだろう、誰か、教えて~~

>送られてきた
これは正確じゃなかったですね!
タイムトラベルで来たわけじゃないもんね。
マーカスは2003年に死刑になった人で、
癌の女博士に臓器とか献体して、あとは保存されてたのかな?
人間社会に潜入させるために2018年に(?)ロボットに改造された。
マーカスからすると、過去から未来に来た感じじゃない?

そうだよね~DVDで見直さないと、細かい部分が分りません。
面白かったです
YANさんがいつ観に行くのか気にしていましたよー
私はデジタル版を観ましたが、何か違うのですか?

イスまで音が響くかなりの迫力とターミネーターの数々に圧倒されました。これは楽しかったです。でも一番行きたがっていた主人は前と違うなあですって。YANさんが書いているように路線が変わったせいか。

「二度目のチャンスを活かしたい」と言って最後に泣かせてくれたマーカス、カッコよかった!私の好みと違うけど良かった、完全に主役でしたよね。彼はもう次回作には出ないの?気になります。
また失礼します
「どこで誰が、未来を変えたのか」とありますが、未来がどんな風に変わっていました?主人と話していて、審判の日の事か新型ターミネーターが早く作られている事なのかよく分りませんでした。
これだけ書くのに時間がかかってしまいました(笑)
よしりんさんへ
こんにちは!2度もコメントありがとう!
よしりんさんは一週間前に行ったんですよね。
そう、私もデジタル版でしたよ。
普通はフィルムで劣化する可能性があるんでしょ。
だけどデジタルは何回上映しても劣化しないとか。
でも、画面の違いなんて分りませんよね~

相変わらず、よしりんさんは惚れっぽいなあ~(≧∇≦)ノ彡☆
好みは美形でしたよね。マーカスは男らしい逞しいタイプ。
きっとハートの 誠意ある温かい部分に惹かれたんですね。
次回作はどうなんでしょうね~ロボットだから人工心臓でもいいし、
生き返らせる事はできると思うんですが・・・また観たいですよね!

>未来を変えた
直接的には、サラのテープには出てこなかった、
人間と機械のハイブリッド(マーカス)の事を指していると思うんだけどなあ。
前シリーズでは、T-800が2029年あたりに作られたはずなのに、
本作では10年も早くなってますね。
きっと、このマーカスが原型となって、開発が早まったのでは?
やっぱり過去からの影響は出てきてますね~
NoTitle
YANさんこんちは
YANさんめちゃターミネーター通になってるよ
詳しすぎる(笑)

>カイルがジョンの父親だって事、サラとジョンしか知らないのでは?

いやいや、2でも3でもジョンがベラベラ喋ってるからさ
スカイネット側もちょっとジョンの周りを絞めあげれば
ジョンの父親すぐわかりますって

で、カイル抹殺しても・・ジョン産まれとったりしてーーーっ
いったい誰の子じゃー・・と違う作品ができる


スター。
すみません、これからは名前はベル。でいこうと思います。よろしくです^^
なるほど。TB、役に立つんですね。やってみたいなぁ。
救済を求めたのはマーカス、救世主になるのはジョン、ですかぁ。なるほどぉ。そうゆう意味かぁ^^
でもそうですよね。やっぱり「ターミネーター4」じゃないとお客が来ないですよね。たしかに^^
でもT4、1位を獲ったけど、ルーキーズというものにまた座を譲られましたね。微妙~wなんであんなものにw
どうなんでしょう。カイル(アントン・イェルチン)はまだまだ見たい気がします。かっこよかったし^^どんどん、スターが誕生していくこのシリーズはやっぱり面白いですね。僕はいわばT4からのファンですが、今までの3作品でもたくさんスターが生まれた。だからこれからも新たなスターの誕生が楽しみ^^だけど、期待のしすぎはダメですよね。
NoTitle
ターミネーター4 ビギンズ!

うまい!!!!

これは、見事な表現ですね。
そのとおりだと思います。
こんにちは。YANさん!
マーカスの苦悩は、悲しかったですね。
新シリーズは、荒廃した終末世界での救世主伝説ですよね。ジョンは、皆を新天地に導くモーゼみたいな感じかなー。
見たこともない機械が、どんどん出てくるし、観てるだけで面白かったです。
敵の考えが変わってきてるみたいなので、スカイネットは本当の敵ではないのかもしれませんね。今回は、オマージュと目新しい機械のオンパレで、いけますけど、次からの展開に期待したいですね。
シュワちゃんCGが、出てきた時は、うれしかったです。
雨里さんへ
え、2でも3でもジョンが喋っとったの~~!w(゚o゚)w
エドワード君もモンキー君もベラベラと。
そんな記憶はないけど・・そう言えば、
エドワード君がシュワちゃんに「ママはパパを想って泣いている」とか
話していたのはなんとなく思い出してきましたわ。

ターミネーター通じゃあないけど、昔からこのシリーズは本当に好きで、
何回観たか分らないくらい観てるんですよね~
その割には記憶がいつも曖昧。。。(^_^;
ジョンが喋っとったのか~~!
記憶が曖昧だから私が書いたこの記事やコメントは信用性低いよね~(^▽^;)

ええっ、ジョンの父親がカイルじゃないとしたら、
「今暴かれるサラの乱れた実態、探せ本物のDNAを持つ男」になる~
ベルさんへ
おや、また改名ですね、了解しました!
TBのやり方分かりましたか?

この「4」はどこまでの興行成績になるんでしょうね。応援してるけど。
「トランスフォーマー・リベンジ」にも抜かれるのかなあ。
邦画はけっこうバカにできませんね。
「ルーキーズ」は下からまた上がってきたんでしょう?すごい人気!

4は意外に出演者が地味だったように思ったんですが、
映画の中で光っていたので、ここからスターとして
踏み出していくんでしょうね。
他の作品を見ても「マーカスの人だ」「カイルだ」と目が行きますよね。

亮さんへ
せっかく誉めていただいたけど・・・
あの~「4」じゃなくて「ウォー」なんですよ(^_^;
「戦争」を強調したくて。

亮さんだから、意味はきっと通じてるんですよね。(^^)
kinoさんへ
マーカスは訳も分からずロボットにされてたんですからね、
自分は人間か機械か、なんでこうなったんだって悩みますよね~
本作ではジョンの活躍はまだ少なかったので、
続編で救世主伝説を作っていってほしいです。

スカイネットが本当の敵ではない・・・ですって!?
それは斬新で面白い~~!なるほどね~考えると面白いです。

シュワちゃん若くて懐かしかったけど、
私としてはモロCGに見えてちょっと残念だったと言うのが本音です。
そこでジョンに「おおっ、これは・・・!」とのけぞってほしかったなあ~
NoTitle
トラックバックのこと、教えていただき、ありがとうございます^^本当に感謝。
すごく分かり易いご説明で助かりました。やってみますね。
あと、ブログでの名前を変えないといけないということなので、ベルモンドでいきますね。色々変えてばかりですみません↓汗
ひっぱるひっぱる
「今暴かれるサラの乱れた実態、探せ本物のDNAを持つ男」・・・・・

ドキュメンタリー番組みたいになってるよ(爆)

2で、「ママは使える男とは誰とでも寝る」みたいな事も言ってましたぜ・・・奥さん

こー考えると、ジョンはまともに育つわけがない(笑)
ベルモンドさんへ
まだTBがこちらには届いてませんが、上手く出来たんでしょうか。
私のブログは、トラックバックURLがコピーし難いんですよね・・・

お名前は元のままでいいんですね。分かりました。

雨里さんへ
ひっぱってくれますね~(≧∇≦)ノ彡☆

>ママは使える男とは誰とでも寝る
おお、そんなセリフあったあった!
(雨里さんのほうがしっかり覚えてるじゃないの)
サラの色気はほとんど消えかかってたけどね~(≧ε≦)
こういう事を少年が知ったらグレてもおかしくないですよ。
でも、ジョンに弟がいたら、また面白くなるんだけどなあ。
こんにちは(^○^)
YANさん、こんにちは♪
>「ターミネーター・フォー(4)」は「ターミネーター・ウォー・ビギンズ」と
ナイスっ!まさに、そういう映画でしたね。
最初から、こういう映画だってことを解って見ていれば、なるほど~って思えたのですが、予備知識をなるべく入れないようにして劇場に向かったが故に、ちょっと失望もしたのですが、でも、家に帰って色々調べたら、新たなるシリーズの1作目というのが解り、納得しました^^ それならなかなかの出来じゃないか!って風に。

そういえば、先日・・ある番組で「天使と悪魔」と似たタイトルのフェイク?映画を色々紹介していた中に、T2のエドワードファーロングが主役をやってるらしい映画の表紙が映り、あああぁ・・・と脱力しました。

次回作、2も楽しみですね★ 2ではジョンのカリスマ性がもっと発揮される予感です~
YANさん、また今後もこれを機会にお邪魔させてくださいね^^
latifaさんへ
ご訪問、ありがとうございます。とってもうれしいです!

あのターミネーター・シリーズの続編ともなれば、
否が応でも期待しますよね~ どんなジョンかな~って。
まさかストーリーの中心に他の人が来るとは思いもしませんでしたよ。
latifaさんの言う通り、新シリーズだと踏まえて納得できる内容でしたね。

私もなるべく予備知識を持たずに観るようにしてるんですが、
最近はテレビのCMでもけっこういいシーンを流すと思いません?
本作ではシュワちゃんまで出しちゃってましたもんね。
見せ過ぎだと思うCM、あります。

エドワード・ファーロングの近況は全く知らないんですが、
「天使と悪魔」のフェイク映画とは、
これまたいかにもB級っぽいじゃないですか・・・
主役なだけ、まだましかなあ~(^▽^;)
美少年のその後って、難しいものでしょうね。

私のブログはほとんど旧作なんですが、latifaさん、また遊びに来て下さいね。
私のほうこそ、お邪魔させて下さい。よろしくお願いします★
ターミネーター・ウォー・ビギンズ!!
YANさん、こんばんわ。

YANさんは、劇場で見たんですね。
いいなあ、うらやましいです。
私は自宅のパソコンでしたが、
やはり、大きな画面で見たかったです、

機械と人間の違い。
愛を感じ、愛に従って行動を起こす。
たとえ、それが非効率であっても、
不利になると分かっていても、
愛に従って選択をしてしまうんですね。なるほど。

ターミネーター・ウォー・ビギンズとは、とてもナイス。
次回作は、シュワちゃんが山のように出てきて、
圧倒的に不利な状況でも、
人間が知恵と勇気と根性で撃退する、、
ってのを期待したいのですが、、、、無理ですかね ^.^;)

それじゃ、また。
ヤンさんへ
こんにちは!
このシリーズは絶対に劇場で観なくちゃと思って出かけました。(^_^)
迫力のある作品ですからね~
そりゃ大画面に越した事はないでしょう(≧ε≦)

そうですね、人間と機械の違いは、愛=心に従う・・・
自己犠牲や贖罪は人間特有の行動で、
そのあたりがよく描かれてましたね。

次回作の話は今のところ全く聞こえてきませんが、
どうなってるんでしょうね?
まさかこの4があまり評判良くなくて、5は消えたとか?
やっぱり1や2のような素晴らしい人間の活躍を見たいですよね。
山のようにガンガンとシュワちゃんが出てくるのもナイスです!(^^)
なるほど新シリーズかぁ~
まだまだ5,6と作られていくんでしょうか・・・
なんだかもう話にツイテイケナイ予感がします。。。

ドラマの「サラ・コナー・クロニクル」のほうも、シーズン1終わりましたね~
なんじゃありゃ~コッチの方が続きメッチャ気になるわ~~
いかにも怪しいウィーバーさん、ええ人やったし(@@)

どっちにしても壮大な話になりすぎると、覚えてられないのです・・・
登場人物とか相関図とか(´д`)
わさぴょんさんへ
私も、このシリーズは1と2を超えられるわけがないと思ってるんだけど、
もし続編が作られるなら気になるから観たいなあ。

テレビドラマは昨年放映分がシーズン1で、
今年のウィーバーさんが出てきた所からがシーズン2だったんですよ。
もうあの続きは打ち切りになったとか(^^;
わさぴょんさんにとってはドラマのほうが面白かった?
私は、なんかムリヤリ作った話に見えて、ドラマは不完全燃焼。

タイムスリップものは特に、あれは何年から来たとか、
未来が変わったりでゴチャゴチャしやすいから、分かりにくいよね。


おもしろかった! 少しばかり期待はしていたのだけど、期待しているときに、それを上回る満足を得られる映画というのは、けっこう、すごいも...
『ターミネーター4』 この未来で、この戦争に勝てるのか? 【出演】 クリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン、 アントン・イェルチ...
先行レイトショーで観てきました。 さすがに、ターミネーター人気ありますね。ほぼ満席でした。 今作品は、審判の日のあと、2018年の世界が...
ドカーン、バコーンの連続と、アクションと凄いCGや最新のメカ部分は凄かったです。でも内容は私が見たかったものとは、ちょっと違っていまし...
過去のシリーズへのオマージュも散りばめられながら、 最新映像技術で魅せる迫力。 しかし、つっこみどころ満載のストーリー。 そして...
ひとりごと
  
■仕事、通院、年末年始の準備、いろいろ忙しいです。12/04
■「Prime Music」―Amazonのプライム会員でいた事が良かったと思えた。100万曲以上が聴き放題!ピンポイントで自分が聴きたい曲がなかったりするけど、聴き流しにはいい。11/20 
■やっば~い!喪中ハガキ印刷のためにPCを開いたら、久しぶり過ぎてメールが山ほど溜まっていた。ほとんど宣伝メールだけどね。11/05  
■友人とランチに行った。混んでいて仕方なく座敷で正座して食べたけど、足とお尻が痛くなって焦った。前より悪化しているような。今週お坊さんが来るけど正座出来ないと困るな。10/26 
■娘がミスチルのZEPPでのLIVEに当選した!凄い倍率だったのに。翌日のEXILEのチケットもゲット。最近、ついてるな~ 私もLIVEに行きたいな~ 10/23  
■ショッピングでポイントが溜まっていてスカートがかなり安く買えた! 得した気分☆ 10/21 
■半年以上、不明熱による通院を続けているけど、血液検査の結果がだんだん良くなって来て少し希望が見えてきた。それにしても未だに原因不明。10/17 
 
 
 -YAN-

 
最新記事
50音順作品索引       あ行~た行
各記事とリンクしています 古い記事でもコメントをどうぞ こちらからもお邪魔させていただきます 
「あ行」
■アーティスト
■愛、アムール
■I am Sam アイ・アム・サム
■アイ・アム・レジェンド
■アイアンマン
■アイアンマン2
■アイアンマン3
■愛する人
■アイズ
■アイデンティティ
■愛のむきだし
■アイム・ノット・ゼア
■アイランド
■アイ、ロボット
■愛を読むひと
■アウェイク
■アウトロー
■赤ずきん
■悪人
■悪の教典
■悪魔を見た
■アクロス・ザ・ユニバース
■アジャストメント
■アジョシ
■新しい人生のはじめかた
■アップサイドダウン 重力の恋人
■アナザープラネット
■アナと雪の女王
■アバウト・シュミット
■アバウト・タイム~愛おしい時間について~
■アバター
■アパートメント
■アフタースクール
■アベンジャーズ
■アマデウス
■アメイジング・スパイダーマン
■アメイジング・スパイダーマン2
■アメリカン・ギャングスター
■アメリカン・スナイパー
■アメリカン・ハッスル
■アリス・イン・ワンダーランド
■ある公爵夫人の生涯
■ある子供
■アルゴ
■アンコール!!
■アンストッパブル
■アンチクライスト
■アンナ・カレーニナ
■アンノウン
■unknown  アンノウン
■イーグル・アイ
■イースタン・プロミス
■イエスマン“YES”は人生のパスワード
■硫黄島からの手紙
■イカとクジラ
■息もできない
■1408号室
■イノセンス
■イノセント・ガーデン
■イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
■妹の恋人
■インクレディブル・ハルク
■イングロリアス・バスターズ
■インシテミル 7日間のデス・ゲーム
■インシディアス
■インシディアス 第2章
■インセプション
■インターステラー
■インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
■イントゥ・ザ・ワイルド
■インビクタス/負けざる者たち
■インベージョン
■インモータルズー神々の戦いー
■ヴィレッジ
■ウィンターズ・ボーン
■ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館
■ヴェロニカ・ゲリン
■ウォーム・ボディーズ
■ウォール街
■ウォール・ストリート
■ウォールフラワー
■ウォッチメン
■ウォルター少年と、夏の休日
■ウォンテッド
■宇宙人ポール
■宇宙戦争
■海を飛ぶ夢
■裏切りのサーカス
■ウルヴァリン:X-MEN ZERO
■ウルヴァリン:SAMURAI
■ウルフ・オブ・ウォールストリート
■ウルフマン
■運命じゃない人
■運命のボタン
■エアベンダー
■永遠の0
■永遠の僕たち
■英国王のスピーチ
■88ミニッツ
■英雄HERO
■エイリアンvs.プレデター
■エクスペンダブルズ
■エクスペンダブルズ2
■エクリプス/トワイライト・サーガ
■es[エス]
■エスター
■X-ファイル:真実を求めて
■X-MEN:ファイナル・ディシジョン
■X-MEN:ファースト・ジェネレーション
■X-MEN:フューチャー&パスト
■エミリー・ローズ
■M:i:3
■エリザベス:ゴールデン・エイジ
■エリジウム
■L.A.ギャング ストーリー
■L.A.コンフィデンシャル
■エンジェル ウォーズ
■エンド・オブ・ホワイトハウス
■おおかみこどもの雨と雪
■オーストラリア
■オープン・ユア・アイズ
■オール・アバウト・マイ・マザー
■オールド・ボーイ
■オール・ユー・ニード・イズ・キル
■おくりびと
■オズ はじまりの戦い
■おとなのけんか
■オブリビオン
■オペラ座の怪人(映画版)
■オペラ座の怪人(劇団四季版)
■オペラ座の怪人25周年記念公演 in ロンドン
■おみおくりの作法
■オンリー・ゴッド
「か行」
■カールじいさんの空飛ぶ家
■カイジ 人生逆転ゲーム
■カイジ2~人生奪回ゲーム~
■カウボーイ&エイリアン
■鍵泥棒のメソッド
■隠された記憶
■かぐや姫の物語
■崖っぷちの男
■崖の上のポニョ
■カサノバ
■ガタカ
■カッコーの巣の上で
■神々と男たち
■かもめ食堂
■花様年華
■華麗なるギャツビー
■渇き
■完全なる報復
■GANTZ
■GANTZ:PERFECT ANSWER
■鑑定士と顔のない依頼人
■義兄弟 SECRET REUNION
■危険なプロット
■キサラギ
■奇術師フーディーニ ~妖しき幻想~
■奇跡
■キック・アス
■キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
■キッズ・オールライト
■きっと、うまくいく
■希望の国
■きみがぼくを見つけた日
■きみに読む物語
■キャタピラー
■キャビン
■キャプテン・アメリカ  ザ・ファースト・アベンジャー
■キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
■キャプテン・フィリップス
■キャリー
■ギャング・オブ・ニューヨーク
■96時間
■96時間/リベンジ
■CUBE  シリーズ3作
■凶悪
■桐島、部活やめるってよ
■ギルバート・グレイプ
■キング・コング
■銀河ヒッチハイク・ガイド
■空気人形
■グエムルー漢江の怪物ー
■グッド・ウィル・ハンティング
■グッド・シェパード
■グッド・バッド・ウィアード
■グッバイ、レーニン!
■暗い日曜日
■クライマーズ・ハイ
■クラウド アトラス
■クラッシュ
■グランド・イリュージョン
■グランド・ブダペスト・ホテル
■グラン・トリノ
■グリーン・ゾーン
■クレイジー・ハート
■クローバーフィールド/HAKAISHA
■クロエ
■クロッシング(アメリカ)
■クロッシング(韓国)
■クロニクル
■クロユリ団地
■ケース39
■ケープタウン
■GAMER
■消されたヘッドライン
■幻影師アイゼンハイム
■恋のからさわぎ
■恋の罪
■ゴースト/ニューヨークの幻
■ゴーストライター
■氷の微笑2
■ゴールデンスランバー
■ゴールデンボーイ
■ゴーン・ガール
■ゴーン・ベイビー・ゴーン
■告白
■告発のとき
■GODZILLA ゴジラ
■コラテラル
■コララインとボタンの魔女
■コンスタンティン
■コンテイジョン
■(500)日のサマー
「さ行」
■ザ・イースト
■最強のふたり
■最高の人生の見つけ方
■サイダーハウス・ルール
■サイドウェイ
■サイド・エフェクト
■サイン
■殺人の告白
■殺人の追憶
■ザ・ウォーカー
■THE有頂天ホテル
■THE GREY 凍える太陽
■ザ・タウン
■砂漠でサーモン・フィッシング
■ザ・ハリケーン
■ザ・バンク 堕ちた巨像
■ザ・ファイター
■サブウェイ123 激突
■サプライズ
■ザ・マジックアワー
■13/ザメッティ
■サラの鍵
■猿の惑星:創世記(ジェネシス)
■猿の惑星:新世紀(ライジング)
■ザ・レッジ ―12時の死刑台―
■ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト
■サロゲート
■サンキュー・スモーキング
■サンクタム
■サンシャイン・クリーニング
■サンシャイン2057
■3時10分、決断のとき
■三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
■しあわせの隠れ場所
■幸せのちから
■幸せへのキセキ
■ジャージー・ボーイズ
■G.I.ジョー
■G.I.ジョー バック2リベンジ
■シークレット・ウィンドウ
■シービスケット
■ジェーン・エア
■J・エドガー
■シェルター
■シカゴ
■地獄でなぜ悪い
■シザーハンズ
■沈まぬ太陽
■シティ・オブ・ゴッド
■シティ・オブ・メン
■縞模様のパジャマの少年
■シャーロック・ホームズ
■シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム
■灼熱の魂
■ジャックと天空の巨人
■シャッターアイランド
■ジャンパー
■12人の怒れる男
■17歳の肖像
■重力ピエロ
■シュガー・ラッシュ
■主人公は僕だった
■JUNO/ジュノ
■ジュリー&ジュリア
■ジュリエットからの手紙
■少年は残酷な弓を射る
■少年と自転車
■処刑人
■処刑人II
■ショコラ
■ジョンQ最後の決断
■白ゆき姫殺人事件
■白雪姫と鏡の女王
■白いリボン
■親愛なるきみへ
■シングルマン
■シン・シティ
■新少林寺/SHAOLIN
■人生の特等席
■親切なクムジャさん
■シンデレラマン
■スイミング・プール
■推理作家ポー 最期の5日間
■スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
■SUPER8/スーパーエイト
■スーパー・チューズデー~正義を売った日~
■スクール・オブ・ロック
■スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
■スター・トレック
■スター・トレック イントゥ・ダークネス
■ステイ
■ステキな金縛り
■ストーン
■スノーピアサー
■スパイダーマン3
■スピード・レーサー
■スプライス
■スペル
■スマグラー おまえの未来を運べ
■スラムドッグ$ミリオネア
■300<スリーハンドレッド>
■300<スリーハンドレッド>~帝国の進撃~
■スリーピー・ホロウ
■スルース
■S.W.A.T.
■ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
■正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
■世界侵略:ロサンゼルス決戦
■世界にひとつのプレイブック
■セックス・アンド・ザ・シティ
■セブンデイズ
■セルラー
■ゼロ・グラビティ
■ゼロ・ダーク・サーティ
■戦火の馬
■戦場のピアニスト
■潜水服は蝶の夢を見る
■ソーシャル・ネットワーク
■ソウ
■ソウ2
■ソウ3
■ソウ4
■ソウ5
■ソウ6
■ソウ ザ・ファイナル
■そして父になる
■ゾディアック
■その夜の侍
■ソルト
■それでも恋するバルセロナ
■それでもボクはやってない
■それでも夜は明ける
■ゾンビランド
「た行」
■ダーク・シャドウ
■ダークナイト
■ダークナイトライジング
■ダーク・フェアリー
■ターミナル
■ターミネーター
■ターミネーター2
■ターミネーター3
■ターミネーター4
■ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ
■第9地区
■タイタンの戦い
■ダイ・ハード4.0
■ダイ・ハード/ラスト・デイ
■TIME/タイム
■タイムマシン
■ダ・ヴィンチ・コード
■007/カジノ・ロワイヤル
■007/慰めの報酬
■007 スカイフォール
■ダラス・バイヤーズクラブ
■ダレン・シャン
■箪笥 <たんす>
■小さいおうち
■地球が静止する日
■父、帰る
■チェンジリング
■着信アリ
■チェイサー
■チャーリーとチョコレート工場
■チョコレートドーナツ
■ツーリスト
■ツォツィ
■月に囚われた男
■つぐない
■TSUNAMI-ツナミ-
■冷たい熱帯魚
■ツリー・オブ・ライフ
■手紙
■THIS IS IT
■デイ・アフター・トゥモロー
■デイ・ウォッチ
■テイク・シェルター
■ディスタービア
■ディパーテッド
■デイブレイカー
■デジャヴ
■DEATH NOTE デスノート 前編
■DEATH NOTE デスノート the Last name
■テッド
■デトロイト・メタル・シティ
■デビル
■デビルクエスト
■テルマエ・ロマエ
■テルマエ・ロマエⅡ
■天才スピヴェット
■天使と悪魔
■電車男
■デンジャラス・ラン
■東京タワー オカンとボクと、時々、オトン 
■トーク・トゥ・ハー
■トータル・リコール
■トイ・ストーリー3
■12モンキーズ
■トゥモロー・ワールド
■トゥルー・グリット
■Dr.パルナサスの鏡
■特攻野郎Aチーム THE MOVIE
■ドッグヴィル
■ドニー・ダーコ
■ドニー・ダーコ2
■トライアングル
■ドライヴ
■ドラゴン・タトゥーの女
■トラブル・イン・ハリウッド
■とらわれて夏
■トランス
■トランスフォーマー
■トランスフォーマー/リベンジ
■トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
■トランス・ワールド
■トランセンデンス
■ドリアン・グレイ
■ドリームガールズ
■ドリームハウス
■トレインスポッティング
■トロイ
■トロン:レガシー
■トワイライト~初恋~
■トワイライト・サーガ/ニュー・ムーン
■トワイライト・サーガ/エクリプス
■トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart1
■トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart2
■ドン・ジョン
50音順作品索引       な行~わ行
「な行」
■ナイト&デイ
■ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
■ナイロビの蜂
■NINE
■嘆きのピエタ
■ナショナル・トレジャー
■ナショナル・トレジャー2/リンカーン暗殺者の日記
■ナンバー23
■21グラム
■20世紀少年<第1章>終わりの始まり
■20世紀少年<第2章>最後の希望
■20世紀少年<最終章>ぼくらの旗
■28日後...
■28週後...
■2012
■ニューオーリンズ・トライアル
■ニュームーン/トワイライト・サーガ
■NEXTーネクストー
■ネスト
■ネバーランド
■ノア 約束の舟
■ノウイング
■脳男
■ノーカントリー
■のだめカンタービレ 最終楽章 前編
■ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
■ノルウェイの森
「は行」
■ハート・ロッカー
■ハード キャンディ
■バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
■パーフェクト・センス
■ハーフ・デイズ
■バーレスク
■バーン・アフター・リーディング
■ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ
■パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち
■パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
■パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
■パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉
■ハウスメイド
■ハウルの動く城
■博士と彼女のセオリー
■パシフィック・リム
■バタフライ・エフェクト
■8人の女たち
■HACHI 約束の犬
■バットマン・ビギンズ
■バッド・エデュケーション
■バトルシップ
■バニラ・スカイ
■母なる証明
■ハプニング
■パフューム ある人殺しの物語
■パブリック・エネミーズ
■バベル
■ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
■ハモンハモン
■パラノーマル・アクティビティ
■パリ20区、僕たちのクラス
■パリより愛をこめて
■ハルク
■半落ち
■ハンガー・ゲーム
■ハンガー・ゲーム2
■ハングリー・ラビット
■ハンコック
■ハンニバル・ライジング
■バンテージ・ポイント
■パンズ・ラビリンス
■ビー・デビル
■英雄HERO
■HERO(邦画)
■ヒア アフター
■ピエロの赤い鼻
■ヒストリー・オブ・バイオレンス
■ビッグ・フィッシュ
■ヒッチコック
■瞳の奥の秘密
■ヒトラーの贋札
■ヒミズ
■127時間
■ヒューゴの不思議な発明
■BIUTIFULビューティフル
■ビューティフル・マインド
■ビヨンドtheシー~夢みるように歌えば~
■ピラニア
■ファーゴ
■ファイト・クラブ
■ファイナル・デッドコースター
■ファニーゲーム
■ファミリー・ツリー
■ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]
■50/50 フィフティ・フィフティ
■フィリップ、きみを愛してる!
■ブーリン家の姉妹
■THE 4TH KIND フォース・カインド
■復讐者に憐れみを
■複製された男
■ブタがいた教室
■PUSH 光と闇の能力者
■フッテージ
■舟を編む
■フライト
■フライト・ゲーム
■フライトナイト/恐怖の夜
■プライベート・ライアン
■ブラインドネス
■フラガール
■プラダを着た悪魔
■ブラックサイト
■ブラック・スネーク・モーン
■ブラック・スワン
■ブラック・ダリア
■ブラッド・ダイヤモンド
■プリズナーズ
■プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
■ブルージャスミン
■プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命
■プレシャス
■プレステージ
■ブロウ
■ブロークバック・マウンテン
■ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢
■プロメテウス
■ヘアスプレー
■ペイチェック 消された記憶
■ベイマックス
■北京ヴァイオリン
■ベスト・キッド
■別離
■ペネロピ
■ヘルプ~心がつなぐストーリー~
■ベンジャミン・バトン 数奇な人生
■抱擁のかけら
■BOY A
■ボーン・アイデンティティ
■ボーン・スプレマシー
■ボーン・アルティメイタム
■ボーン・レガシー
■ぼくのエリ 200歳の少女
■ぼくの神さま
■ぼくを葬る
■ホテル・ルワンダ
■ホビット 思いがけない冒険
■ホビット 竜に奪われた王国
■ホビット 決戦のゆくえ
■ボルベール<帰郷>
■ホワイトハウス・ダウン
■ホワイト・ライズ
「ま行」
■マーターズ
■マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1回目)
■マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2回目)
■マイティ・ソー
■マイティ・ソー/ダーク・ワールド
■マイ・ブラザー
■マイライフ・アズ・ア・ドッグ
■マイレージ、マイライフ
■マシニスト
■マッチポイント
■マネーボール
■魔法使いの弟子
■魔法にかけられて
■マリー・アントワネットに別れをつげて
■マリリン 7日間の恋
■マルホランド・ドライブ
■マレフィセント
■マンマ・ミーア!
■ミケランジェロの暗号
■Mr.& Mrs.スミス
■ミスター・ノーバディ
■Mr.ブルックス 完璧なる殺人鬼
■ミスティック・リバー
■ミスト
■M:i:3
■ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル
■ミッション:8ミニッツ
■ミッドナイト・イン・パリ
■みなさん、さようなら
■ミラーズ
■ミラーズ2
■未来を生きる君たちへ
■ミリオンダラー・ベイビー
■ミルク
■ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
■ミレニアム2 火と戯れる女
■ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士
■ムーラン・ルージュ
■ムーンライズ・キングダム
■息子のまなざし
■めぐりあう時間たち
■メタルヘッド
■メメント
■メランコリア
■メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
■メン・イン・ブラック3
■モーターサイクル・ダイアリーズ
■モーテル
■モールス
■モネ・ゲーム
■ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
■モンスター上司
■モンスターズ・ユニバーシティ
「や行」
■ヤギと男と男と壁と
■闇の列車、光の旅
■ヤング@ハート
■ユージュアル・サスペクツ
■許されざる者
■ゆれる
■八日目の蝉
■容疑者Xの献身
■善き人のためのソナタ
■4分間のピアニスト
「ら行」
■ラースと、その彼女
■ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ
■ライアーゲーム -再生-
■LIFE!
■ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
■ラストスタンド
■ラスベガスをぶっつぶせ
■落下の王国
■ラッシュ/プライドと友情
■LOVERS
■ラビット・ホール
■ラブ・アゲイン
■ラブリーボーン
■ラム・ダイアリー
■ランナウェイズ
■リアル鬼ごっこ
■リアル・スティール
■リトル・ダンサー
■リトル・ミス・サンシャイン
■リトル・ランボーズ
■リミットレス
■猟奇的な彼女
■リンカーン/秘密の書
■リンカーン弁護士
■LOOPER/ルーパー
■ルーム205
■ルックアウト/見張り
■ルドandクルシ
■るろうに剣心
■Ray/レイ
■レギオン
■レスラー
■REC/レック
■REC/レック2
■REC/レック3 ジェネシス
■RED/レッド
■レッドクリフPart1
■レッドクリフPart2ー未来への最終決戦ー
■レッド・ドラゴン
■レッド・ライト
■レディ・イン・ザ・ウォーター
■レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
■レポゼッション・メン
■レ・ミゼラブル
■ロード・オブ・ウォー
■ローラーガールズ・ダイアリー
■ローン・レンジャー
■6才のボクが、大人になるまで。
■ロシアン・ルーレット
■ロスト・アイズ
■ロスト・イン・トランスレーション
■ロック・オブ・エイジズ
■ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ
■ロック・ユー!
■ロビン・フッド
■ロフト.
■ロボット
「わ行」
■ワールド・ウォーZ
■ワールド・オブ・ライズ
■私が、生きる肌
■私の中のあなた
■わたしを離さないで
■笑の大学
■嗤う分身
■悪いやつら
■ワルキューレ
■ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
■ONCE ダブリンの街角で
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

YAN

Author:YAN
生粋の名古屋人

映画は自宅鑑賞がほとんどです
自分の記憶の記録なので
ネタバレ多いです
愛情を込めて感想を
書いているつもり・・・ですが
文章はつたないです

音楽は70年代ROCKが好みです

「ネタバレあります」
→大きなネタバレ
「ネタバレあるかも」
→小さなネタバレ
となっています ご了承ください

コメント
トラックバック
リンク
カテゴリー
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。